« 商売敵はいた方がいい | トップページ | BMWじゃなくてクヴァント家の話です »

2007/10/19

カタールvs日本(TV観戦)

日本、痛恨の逆転負けで首位陥落 ロスタイムにPKで失点(スポナビ)

「寝よう」と思いながらなし崩し的に視聴してしまったオリンピック予選・対カタール戦。
試合の印象を簡単に記すと、

1日本がボールを奪う
2自分、数秒脇見をする
3目をテレビに戻すとなぜかカタールの選手がドリブルをしている
(以下くりかえし)

他にもつらつらと挙げていくと、
中盤は中央部分の過疎化が進んで柏木が孤軍奮闘。
パスは出足の速い相手へのナイスパスになってしまう場合多数。

そして唯一の希望の星・水野が負傷で退場すると、1、2、3のうち1がなくなってしまい、「いつやられてもおかしくないなあ、あ、やっぱり」という終焉。

困った、、、いや別に実害を被ったわけではないので困る事はないんだが、この期に及んで「カタールだから2点(内PK1)で済んだ」という試合を見せられてしまうのは困るよなあ。
「負けて得るものの方が多い」
とは他ならぬ父オシム監督がよく言う言葉だが、実績的には格下の相手に呑まれてしまったこの試合から得るものはあったんだろうか。あった、と信じたいけれど。

« 商売敵はいた方がいい | トップページ | BMWじゃなくてクヴァント家の話です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 商売敵はいた方がいい | トップページ | BMWじゃなくてクヴァント家の話です »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト