« 広大な埋め草 | トップページ | でもLeopardは様子見で »

2007/10/23

巨大化は避けられない

Citroen社、全面改良した「C5」のセダンとワゴンを発表(Tech-On! / 要メンバー登録)

現行型C5で採用されているサスペンションは、V6がハイドラクティブIII+で、直四がハイドラクティブIII。
何がプラスなんだろうと思っていたら、早い話が電制で、乗りようによってはぶわんぶわんしてしまうハイドロの欠点を補正するものだそうな。
元々は両方ともプラスだったんだけど、マイチェンで顔がC4風になると共に、直四からプラスが取れてしまったとか。

今回、Tech-On!の記事を読んで笑ったのが、「FMCなったC5のサスペンションはハイドラクティブIIIとmetalic」という一文。
なぜか「金属バネ」を翻訳してくれていない。

別に金属バネだからって悪い事はないけれど、廉価版向けだろうから日本には導入されないだろうな。
そんなわけで、日本向けにはハイドラクティブIII+に一本化されるんではないかな、と。
ただ直四が入らないかも知れないなあ。

« 広大な埋め草 | トップページ | でもLeopardは様子見で »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 広大な埋め草 | トップページ | でもLeopardは様子見で »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト