« やっぱり「××の用心棒」か「××のガンマン」じゃないと | トップページ | 予算が取れたので仕方なく系CM »

2007/09/15

選挙には強く無さそうな

麻生太郎(Googleニュース)

福田康夫(Googleニュース)

麻生太郎は小泉内閣の外務大臣だった頃にアメリカの報道で一連の発言を紹介され、「変わり者」と報道されていた。右よりの差別失言が多いので中国・韓国でも嫌われていると思う。
そのだみ声のしゃべり方が余計に「変わり者」値を増幅させてしまっているのだとは思うけれど、外務大臣だっていうのに対外的なことを意識していない失言をしているところを見ると、変わっている、というよりも自覚がない、というか空気を読めない、読めても自分の周囲とか党内とかぎりぎり国内とかに限られている人なんだろう。

小泉元首相は自民党をぶっ壊すといっていて、これまでよりも露骨な派閥主導型の政治手法は壊したけれど、そんな彼が手を付けなかったのが自分が所属する森派と麻生派。その辺がダークとライトを使い分けた彼のあざとさをよく表していると思うけれど、麻生派に手を付けなかったのは「派閥の規模が脅威じゃないから」という部分があったと思う。

その辺を「オレは党内で買われている」と思っていたのなら、それはそれでキャラに沿った勘違いだとは思う。だから福田康夫が登場した瞬間に党内支持が一気に集まってしまったのに戸惑っているのもよく分かる。

福田康夫には個人的な思い出がある。彼が衆院選に初出馬したとき、事務所での演説を拝聴する羽目になったから。
当時のバイト先が土建屋という極端に政治が関わってしまうところだったのが運の尽き。
ちなみに彼のアジ演説は、若造の自分が気の毒に感じるくらい下手だった。外務大臣を務めた事のあるベテラン議員・中山太郎が滑らかな弁舌で露払いを務めただけに余計にその下手さが際立っていた。
とはいうものの、県内ではそれほどアジ演説をしていないと思う。選挙に関しては異常なまでに強固な地盤を誇るため、その必要がないから。だからその後も「大人しい」キャラを維持できた。同じ選挙区内の大物・中曽根康弘が現役に固執した結果として後継者を育てなかったのもラッキーだった。

実は麻生太郎以上に空気が詠めなかった前首相と比べると、年金未払いが発覚した瞬間、政治的判断からさっさと官房長官を辞任してしまったり、自分を嫌う安倍首相が属する派閥の会長就任を固辞する事で「政変」を防いだりと、遙かに空気の詠める人ではある。
ただ、その慎重な政治人生を見ていると「リーダーシップ」というものが発揮できるのか、そもそもあるのか、という点にちょっと不安が残る。

しかし鳩山弟っていつも負け馬に乗ってるよなあ。

« やっぱり「××の用心棒」か「××のガンマン」じゃないと | トップページ | 予算が取れたので仕方なく系CM »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり「××の用心棒」か「××のガンマン」じゃないと | トップページ | 予算が取れたので仕方なく系CM »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト