« 甲府時代は5試合で帰国 | トップページ | ベタの神が降りてきた日 »

2007/08/10

WWDCより派手ですな

iMacをはじめ、コンシューマ向け製品を一気にリニューアル(MYCOM)

無くなるという噂の飛び交っていたMac miniが無事にアップデート。変更点はCPU。目に付くところではそれだけ、開けてみれば何か分かるのかも知れないけど。あ、あと値段。最低価格がプラス5000円。力入ってませんなあ。

いろんな意味で「中間」が減りつつある社会だと商品にもその傾向が反映されるけど、PCもすっかり普遍的な存在になって「他の商品」と同じように「手軽」か「高いなりに高性能」かっていう売れ方の二極化が起きているのかも知れない。
ノート型が全盛を迎えつつあるのも「運べる一体型」だけに開けてすぐ使える手軽さが受けているんじゃないか、と考えられるわけで。
となるとディスプレイとキーボードを選んで繋がなきゃいけない(それだけなんだけど)Mac miniは割と厳しい立ち位置にいるってことなのかなあ。この手のPCはもう企業向けしか売れてないんじゃないかな。

だから「手軽」なiMacは相当な機能向上。
「筐体を開ける必要のない一体型PC」Macintoshの正統な末裔がウケている状況は、Macの生みの親スティーブ・ジョブズにしてみれば
「時代が、PCが俺に追いついた」
ってなもんか。
もっとも結構デカいから、日本ではMacBookの方が売れるでしょうな。

個人的にはMac miniって「iTunes専用マシンとして買おうかなあ」という瞬間が何度かあったんだけどなあ、AppleTVが出てきてしまったので結局終了。

« 甲府時代は5試合で帰国 | トップページ | ベタの神が降りてきた日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 甲府時代は5試合で帰国 | トップページ | ベタの神が降りてきた日 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト