« さすが2001シーズン米収入No1音楽家 | トップページ | 今度も事実上の決勝戦って気がする »

2007/07/22

楽観するな(キューウェルいまいち編)

日本がPK戦を制し、準決勝へ進出!(スポナビ)

個人的に遺恨試合という考え方は嫌いなので「勝って欲しいなあ」テンションは普段と変わらず。
向こうからオーストラリア人が歩いてきたのを見て何か言われるのが嫌で思わず避けてしまったinベルリン、という思い出はあるものの、試合を見てれば「負けて当然」レベルのプレーをしていた日本代表が悪かった、っていうのはよく判っているので。

試合は日本が10分主導権を握ると、5分くらいオーストラリアが握り返すという展開。
オーストラリアは「まずはヴィドカ狙い」が功を奏さず、攻撃の形がはっきりしないまま。グループリーグで苦労するわけだ。
日本は相手の出方をうかがいつつボールを回し、ペナルティエリアが近づくにつれてスピードアップする、という相変わらずの試合運び。中盤に縦に飛び込むダイナミズムがやや少ないのも相変わらず。
これを払拭すべく阿部が珍しくドリブルで上がってゆくシーンがあったが、味方が意図を理解しきれなかったようで、奪われてカウンターを喰らってしまっていた。これは中澤が上がったときも同様。この辺の対処方法を日本の攻撃陣が消化しきれないと、闘莉王が戻ってきたとき厳しいかも。
とはいうものの、ヴィドカというキッツいセンターフォワードがいたにもかかわらず、センターバックが上がっていけるくらいにオーストラリアが引いていたのも事実で、特にそれは後半に顕著に。

キューウェル投入時はもうどうしようもないくらいに引いてるな、と思っていたら延長に入ると前線にいるのはキューウェル1人というもっと凄いことに。キューウェルもよほどのことがない限りDFに奪われたボールを奪い返さないという省エネモード。
それだけ引かれながらやりたい放題のつなぎからシュートチャンスを作る日本は成長したなあ、と見るべきなのか。
GKがシュワルツァーでなければとっくに得点できてたなあ。さすがボロのファーストGK。遠藤のふわりと浮かしたミドルシュートを片手ではじき出して、「引っかからんよ」とばかりににやりと笑って見せるという余裕もあったし。

そんなわけでPK戦。止めまくってノッているシュワルツァーvsず〜っとヒマだった川口では日本は不利なんではないかな、と心配していたが、PKストップ職人の腕がその程度で鈍ることはなかったようで、つ〜か、キューウェル、あのシュートはないぞ。職人でなくても止められた。足をつってたニールにPKを任せてしまった監督も如何なものかと。
遠藤がトッティ(代表引退)のチップキック並みに人を小馬鹿にしたシュートを決めてしまってから、オーストラリアも憤慨したのか力の入ったシュートを放つようになっていたけれど、時既に遅し。高原が外してたけど、点取り屋がPK戦でコケるのは結構お約束だから。

しかしお陰で日本はベトナム戦以外ではず〜っと「引いた相手を崩す」という試合ばかり経験しているわけで、そのベトナム戦でも実力が違いすぎた。
次戦で対戦するサウジorウズベキスタンが「攻撃重視」で試合に臨んできた場合、「試合の入り方が悪かった」的な失点をしないかちょっとだけ心配。

« さすが2001シーズン米収入No1音楽家 | トップページ | 今度も事実上の決勝戦って気がする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さすが2001シーズン米収入No1音楽家 | トップページ | 今度も事実上の決勝戦って気がする »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト