« つってもあと4ヶ月しか無いぞ | トップページ | 出た »

2007/07/16

楽観するな(ホスト国からホーム開催権奪取編)

日本が4−1で快勝! B組首位通過で準々決勝進出(スポナビ)

テレ朝で解説の安木松太郎御大が
「先制点が大事ですね〜」
と言っていたが、ディフェンディングチャンピオンが先制して逃げ切りが大事、なんて弱気なことは考えてプレーして欲しくないなあ、と思いつつ観戦。というか、変に展開を予想して外れて固まったりして欲しくないよなあ、ってのが当てはまるか。観客が予想するのは勝手だけど。

自分も展開は全く予想していなかったけれど、ベトナムの「速さ」は予想を超えていた。
前半の日本は相手の出足の速さに戸惑うばかりで、後ろで回すパスも「いなす」タイミングで出ておらず、おっかなびっくりで回されている感じ。で、たまにミスってピンチを招く。UAE戦後半の悪いところが続いていた。両SBも中盤も守備局面で振り切られっぱなしだったことを考えれば、更に悪かったかも知れない。
鈴木啓がオウンゴールしてしまった先制点は「え〜、こいつらこんなに速いのかよ」ってびっくりしている間に決められた感じ。CKのときに嫌〜な予感はしていたけれど。

そんな中での巻の同点弾は、中村俊が実力差を見せつけてのクロスから。これで流れが日本に傾くかと思ったら、相変わらずのベトナムペース。
遠藤のフリーキック&ゴールは素晴らしかったけれど、それでも日本の方が萎縮してプレーしているように見えるのは変わらず。代表戦に限らずサッカーの試合で苛つかされるプレーの1つ「ゴール前で撃たずにパスする」も何度か見られたし。そもそもフリーになってボールを貰ったMFがミドルシュートを試みないのは如何なものか、と。

後半、相も変わらずユルいパス回しか〜と思っていたけれど、テレビ画面の外で相手DFを戸惑わせる動きがあったようで、鈴木啓→遠藤→駒野→遠藤と繋がって中村俊がフィニッシュ。
これからやっと日本が「らしい」プレーを見せ始め、後は安泰。

ベトナムは自分の実力をMAXに持っていくプレーはどんなものか、ということを考えた上での試合運びを遂行している実に良く出来たチーム。
ただ、後半になって日本に突き放されると限界を露呈。早い話、相手の守備陣形が整ったところに打って出た場合、ペナルティエリアに辿り着くための手段を持たない典型的なリアクションサッカー。
とはいうものの、気候と次からはトーナメント戦、ということを考えれば結構正解なんではないか。

しかしこれでベトナムが決勝トーナメントに進出できなかったら、日本人は危険だから出歩くな警告の1つも出ていたかも。でもね〜、日本人は去年のW杯ブラジル戦で、同じ気持ちにさせられたんだよ、ベトナムの人。ああ、ちょっと勘違いしてたかも俺たち、って。

ところで、これから日本はずっとベトナムで試合することにはなったけれど、果たしてブーイングを浴び続けるのか、応援してもらえるのか。
あ、それ以前に決勝Tの初戦がいきなりオーストラリア、ってことはないだろうな。
それと、中村憲、去年の決定力を取り戻してくれ。

7/17追記・悪い予感ってのは当たるなあ。

準々決勝で豪州と対戦 日本は快勝でB組1位(スポナビ)

« つってもあと4ヶ月しか無いぞ | トップページ | 出た »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« つってもあと4ヶ月しか無いぞ | トップページ | 出た »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト