« This Foolish Thing | トップページ | ナイト2000って素直じゃないからいいんだろうね »

2007/07/14

楽観するな(スシって生ものだし、、、)

日本、UAEに3−1で勝利! B組首位に立つ(スポナビ)

割と良くあるサービス残業をこなして帰宅したので観戦は後半から。
なので高原の芸術的な決定力じゃなく、
「3点もリードしてるから、、」
とゆったり試合をコントロールしようとしたら、妙にミスが多くてバタバタして足が止まって攻め込まれる、という日本代表を堪能することになってしまった。

後半頭から登場したUAEの13・モハメドは、鈴木啓と阿部と駒野が手を焼く高速ドリブルの持ち主という飛び道具。こいつを温存ってことは最初からUAEは後半勝負、という戦略だったのか。2試合続けて3失点してたら後半勝負も無いけれど。

それに相手の足が止まらないとこの飛び道具は威力半減するんでしょうな。
で。ベトナムは止まらなかったから無失点で切り抜けた、と。
日本も羽生、水野と動ける選手を投入したらUAE側が「もういいや」モードに段々移っていったし。

ところで囁かれる「高原依存症」

他に決められるストライカーが居ないんだからしようがない、、、いや、しようがないという言葉はとても良くないな。「もういいかな」と同じ位良くない。
例えば世界のメジャーサッカーリーグをプレミア、リーガ、セリエA、リーグ1、ブンデスと規定すれば、それぞれのリーグで得点ベスト20に入れる選手は100人。
で、100人のうちのほとんどは欧州か南米の選手な訳で、アジア人ってのは高原くらいじゃなかろうか。

現時点で実績のみならアジア最高のストライカーが点を取れるよう周りががんばる、ってのは父オシム監督のコメントがどうあろうと選手間で暗黙の了解事項になって普通。
ここで監督が、
「高原は特別」
と扱うか
「高原は特別だけど、それはそれとして自分が求める仕事はしてもらう」
と扱うかで規律に富んだチームになるかならないかが決まるんだろうな、という気が今した。もちろん、その仕事の求め方が理不尽な形であれば不協和音が発生するわけで、そこをどうするかが監督の腕の見せ所。

今更な事実ではあるんだけれど、判り易い形(得点)でチームに貢献しまくる選手って、いままでの代表に居なかったからなんか新鮮。

しかしU-20、いいサッカーをしてたのに負けちゃったなあ。負けて涙した試合も久々。でも上の世代との融合が楽しみ。あとはU-23がもうちょいしゃっきりしてくれれば。
One more thing、アルゼンチン強いっすねえ、でも前のコパアメリカでも「強いっすねえ」って言われながらブラジルに負けたんだっけな。

チェコ戦後 U−20選手コメント(スポナビ)

12/7/2007 - Argentina thrash Mexico 3-0(Copa América Venezuela 2007)

« This Foolish Thing | トップページ | ナイト2000って素直じゃないからいいんだろうね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« This Foolish Thing | トップページ | ナイト2000って素直じゃないからいいんだろうね »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト