« 諸刃の刃 | トップページ | 説明抜きなら近所で出来る »

2007/06/14

草津vs東京V

2007 J2 第21節 草津 vs 東京V(群馬陸)(J'sGOAL)

データを見ればほぼ互角の展開、しかし実際に目にすると草津が主導権を握る時間帯の方が多いという意外な試合だった。

個人的には
「ピッチの上の名波ももうそろそろ見納めだろうし」
ってなノリで観に行った。

ところがいざ試合が始まってみると、
「初めて目にするチーム」
が目の前にいた。
選手全員がチームのためのハードワークと攻撃のためのリスクを厭わない、規律のとれた草津がそこにいた。

もちろん個々の能力に関しては劣る。
東京Vにある程度時間を与えてワンタッチで正確にパスを回されるとボールを奪えない。草津の選手が2秒かけるタイプのパスが1秒で回されてしまう感じ。

そこで登場するのが「ハードワーク」と「共通理解」。相手がボールを受ける場所に到達するまで2秒かかるのなら1秒でそこに追いつく、そしてその動きを予測して味方がフォローする。これでパス出しその他諸々技術の時間差を補うわけで、今回の草津にはそれが徹底されていた。
まあ、櫻田が見せた「インタセプトと見せかけてスルー」という気の利いたプレーには味方までも意表をつかれたりしてたから、「お互いの思うことが手に取るように分かる」ほどでもないんだろうけど。

しかし、奮闘すれども技術精度に難があると得点ってのは難しい。
あと数十センチ右(or左or前or後)に出せば追いつけたのに、という場面が頻発していた。
そういう意味ではスコアレスドローもやむなしか。

また草津には幸運で東京Vには不運で個人的には意外だったのが、フッキがボディコンタクトを嫌がる選手だったということ。
当たられるとバランスを崩していなくてもボールを放す。で、守備はしない。パスコースを切るくらいのことはするけれどボールホルダーを追いかけ回すようなことは無い。
ドリブルでスピードに乗ろうものならファール覚悟で止めるしかないし、FKは速くて正確。にも関わらず川崎、札幌が手放した理由はこんなところかもなあ。
もちろん守備なんかしなくたってFWは勤まるけど、この2チームのFWは守備も積極的にしなきゃいけないから。

で、本来ディエゴの飛び出しという武器もあるんだろうけど、当たりを嫌がるフッキにはごくたまにしかボールが収まらない。だからごくたまにしかワンツーで抜け出せない。そして、両チームとも非常に高いDFラインの間でボールの奪い合いを展開していたので、前に飛び出す余裕が無い。
まさか前橋で相手に呑まれるとは思わなかったろうなあ、瑠偉監督。
ついでにいうと自分の観戦目的・名波はがんがんに削られてほとんど何も出来ないのであった。
さらに東京Vが不運だったとしたら、守備のエースが揃っていなかったことかな。

もちろん東京Vが主導権を握った時間もあった。それが後半の船越投入直後。
高さがあってがんばれる船越はじわじわと草津のDFラインを押し下げていくことに貢献。これで生きたのがフッキと廣山。前半はどこにいるのか分からなかった廣山がスペースに潜り込み始めて何度か危ないシーンを作る。
草津は相手が3トップになったことに合わせてか、サイドアタッカーの山崎を下げてDF尾本を投入。ところが尾本が今ひとつの出来で、位置取りが中途半端なうえ、マーキングも曖昧。
ああ、悪手。瑠偉監督に軍配が上がるか、と思っていたら植木監督は次々とスピードのある選手を投入し、どんどん相手DFラインの裏を狙わせる。
これで東京VのDFラインが下がってしまい、攻守が逆転。
ホームとはいえ東京Vを相手にして、途切れること無く波状攻撃を仕掛ける草津を見られるなんてなあ。

で、今日の結論。
毎回こういう試合をしてくれたら、客は入る。
だから、そこそこ観客がいたナイトゲームでこういう試合が出来たことはよかった。
「まあ、夜だから1度くらい見てみるか」
というお客さんたちに
「もう1回くらい見てみるか」
と思わせたろうから。

« 諸刃の刃 | トップページ | 説明抜きなら近所で出来る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 諸刃の刃 | トップページ | 説明抜きなら近所で出来る »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト