« どっちにしろ「西のビーエム」 | トップページ | 色々思い出させるCM »

2007/06/09

名古屋vs川崎(TV観戦)

2007 J1 第14節 名古屋 vs 川崎F(豊田ス)(J'sGOAL)

コーナーキックの圧倒的な多さが示すように、選手たちの流れるような連動で川崎が名古屋を押し込むもドロー。
前線からの守り合いは見応え十分。
特に中村憲へのマーキングは熾烈を極め、彼には躊躇する時間が与えられない。
良い選手ということは既に日本中に知れ渡っているだけに、このような状況が訪れるのは当然。こういう状況を乗り越えればもう1ステージ上がるだけにがんばって欲しいところ。

攻撃面では両チームともちょっと消化不良。
名古屋の前半は良かった。大きなサイドチェンジがびゅんびゅん飛び交い、川崎守備陣を振り回す。
しかし後半になって川崎の攻勢が強まると、慎重になるあまりか各選手ともボールを奪ってから
「さて」
と考えこむ時間が長引いてしまう。攻撃面ではまだ身体が反応する段階まで組織が成熟してないってところか。そのせいか味方がボールを奪うと躊躇無くゴールへ向かって駆け上がる杉本が目立った。

成熟は十分の川崎なるも、最近負けが込んでいるせいかゴール前での思い切りが足りない。
「打てばいいのに」
というところでわざわざ体勢十分で打とうと持ってしまったところで囲まれる奪われる。
これまた思い切りのいいチョン・テセが同点ゴールを決めたのが象徴的。

とはいうものの、お互いの持ち味が出ている面白い試合だったなあ。

« どっちにしろ「西のビーエム」 | トップページ | 色々思い出させるCM »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どっちにしろ「西のビーエム」 | トップページ | 色々思い出させるCM »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト