« 裏カンヌ | トップページ | 買い直しというより買い足し »

2007/06/02

楽観するな(どうなろうとも越後は怒る編)

中澤、高原のゴールで日本が2−0と勝利!(スポナビ)

前半18分過ぎくらいから見始めたが、後ろでボール回ししてるばかりで、
「ダメかなあ」
と思っていたら駒野のクロスでチャンスを作り、その後のコーナーキックで得点すると、チーム全体に動きが出てきた。
以前なら「後方でのボール回し」は単なる手詰まりだったけれど、今回は「隙を伺って」いた。攻撃のスイッチが入ると中村憲や遠藤や駒野を経由して一気にゴール前までボールが運ばれていく。同時にペナルティエリア内へとわらわら味方が入り込んでいく。
そして高原が復活、というのは違うな、早くも周りと息が合ってきたってのが正解か。
元々「周囲との連携で点を取る」タイプだったけれど、昨シーズン常時スタメンという状況に恵まれたせいか、90分間中でどう動くかどう味方と合わせるか、という感覚を思い起こしてくれたようで、相手の危険な場所に次々と出現。そこに遠藤や中村憲や駒野からボールが飛んでいく。

ところが後半はその遠藤、中村憲、駒野対策を相手が採ってきて、それが徐々に効果を発揮。PKを外した後あたりから激しく来るようになった相手に遠藤が消えてしまい、ゲームメーカー&チャンスメーカーとして中村憲が奮闘。高原は疲労を考慮されたのかOUT。駒野はサイドを変えたら縦に抜けることが減ってしまった。
モンテネグロの単調な攻撃とルーズな守備に助けられた。
代表の父オシム監督は
「ピッチ上での答えは選手自身で出す」
ということを千葉時代以上に選手に求めているようで、阿部がどんどんポジションを変えていくのがその現れなんだろうけど、これが相手がフォーメーションを変えたら悪く出た。チーム全体の動きが相手に対応しきれず止まってしまった。

ところで阿部の他に重用されているミッドフィルダー鈴木啓は、何でも出来てしまう阿部と比べると守備のスペシャリストって色が濃い。
父オシム監督もその特徴を考えての起用ではあるんだろうし、他にも
「日本には自分が求めるタイプのセンターバックが少ない」
と嘆いていたりすることを考えると、
「お前の一番得意な、それで飯を食ってる仕事で結果を出してみろ、でもそこで満足するな」
というのが代表におけるスタンスなのかもなあ、と今日の試合を見ながら思った。
今更かよ!と、自分でも思うものの、千葉時代は「育成」側面を強く出していたからなあ。

もちろんピッチの上での正解はいつも同じじゃないけれど、
「それも正解、でもこういう正解もある」
と提案できるから、父オシム監督は優れた指導者なんでしょうな。

そんな中、自分の得意技を駆使しつつチームの重要人物になりつつある中村憲ってのはやっぱりいい選手なのだなあ、とつくづく思う。今日のシュートは決まって欲しかった。
しかし高原は2試合目にしてすでにキーマン。1人で決めるんじゃなくてチームにとけ込みつつ決める。海外組に求められているのは、豊富な経験を生かしたこういう素早いフィット能力なのかも知れないな。でもコロンビア戦で他の海外組は使われるんだろうか。中村俊は怪我だから厳しいだろうけど。

« 裏カンヌ | トップページ | 買い直しというより買い足し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/15283935

この記事へのトラックバック一覧です: 楽観するな(どうなろうとも越後は怒る編):

« 裏カンヌ | トップページ | 買い直しというより買い足し »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト