« 新しい商売の種って意味? | トップページ | 一番刺さったのは鼻歌 »

2007/06/06

ヒゲも生やしたしもう脱ぎはしない

RED HOT CHILI PEPPERS(SMASH)

友人がチケットを取ってくれたので、「いい歳こいて」という後輩の視線を背中に感じながら職場を早退してドームに突撃。

フジロックでばっかり来日してくれていたので、個人的には「フェスティバルで暴れる人たち」というイメージを勝手に持っていたせいか、スタイリッシュなビジュアルイメージの流れる前で演奏する姿がハマっていたのが結構意外。もう脱がないしな。

曲目をメモする代わり、イントロを携帯に録音しておこうと思って実行したが、音が割れまくってよく分からない。辛うじて分かるのを挙げておくと、
Can't Stop
Dani California
She's Only 18
Readymade
Throw Away Your Television
Give it Away
Charlie
Don't Forget Me
Californication
By the Way
あとは「Snow (Hey Oh)」と「Charlie」も演奏してたな。順番は忘れたけど。
というわけで基本的には「By the Way」と「Stadium Arcadium」からの曲が中心。たまに初期の曲がちょっと挟まる。
アンコールではベースのフリーが得意のトランペットを披露。多分「死刑台のエレベータ」だと思ったが。最後の最後は15分間のインストジャムセッション。「All along The Watchtower」とか演奏してたな。

演奏は完璧。そのマッチョな体躯に恥じずに骨太で、且つマッチョな体躯に似合わない正確さで進むリズム隊に乗っかって、ステージの上で死ねれば悔いなしトランス状態に陥ったジョン・フルシアンテが守護聖人ジミ・ヘンドリクス系ギターを弾き倒す。
欠点はボーカル。まだ復調なっていないのか声が全く出てない。初期の「勢い一発」系の曲はごまかせるんだけど、近年の難易度が高い曲を歌いだすととたんに息切れ。バックコーラスでなんとか引っ張っていた。
リズムとギターに浸りきるだけなら最高だったけど。

てなわけで、ワールドツアーが終わった後あたりにもう1回来て欲しいかな。今度は武道館で。

« 新しい商売の種って意味? | トップページ | 一番刺さったのは鼻歌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/15330522

この記事へのトラックバック一覧です: ヒゲも生やしたしもう脱ぎはしない:

« 新しい商売の種って意味? | トップページ | 一番刺さったのは鼻歌 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト