« F東京vs千葉(TV観戦) | トップページ | オリンピック精神を持つ会社 »

2007/05/13

草津vs仙台

2007 J2 第15節 草津 vs 仙台(群馬陸)(J'sGOAL)

WSDでロナウジーニョに対して
「グレートなプレーが普通のプレーに見られて『もっともっと』と言われるのが気の毒なところ」
という意見が2回も出ていた。1回はシーズンベストプレーヤーの選考で、もう1回はジョゼ・モウリーニョのインタビューの中で。
これに習えば、草津のサポーター未満野次馬に近い自分はヤバすぎた時期を知っているので、求める水準が低すぎるのかも知れない。
特に本日の仙台戦。本職のセンターバックがベンチが定位置の尾本しかいない、その上監督までいない、というスクランブル体制。
まあ、失点しても仕方が無い。いや、3失点くらいするかも知れない。負けるのもやむを得ない。遠方から集まった仙台サポが
「一方的なPK戦じゃないか、これじゃあ、群馬くんだりまで何しにきたんだ、自分」
と虚しくなるような試合にさえならなければよいだろう、という心構えで観戦。
ちなみにマッチデイプログラムでは
「連勝がかかるとみんな固くなる。負けた次の試合の入り方はすごくいいのに」
と氏原が語っていた。「負けがデフォルト」と客が思うのは勝手だろうけど、選手までそう思うのは如何なものかな。

そのマッチデイプログラムではセンターバックに鳥居塚の名前が挙げられていたが、あれは奇策中の奇策なのでまずあるまい、と思っていたら、案の定CBは秋葉だった。

意外にも最初の5分くらいはラインを高く上げた草津が攻め込む。
お互いにラインを高く上げて、コンパクトフィールドの中でプレスの応酬。そのため、観客席から見ると人の詰まった平行線が右へ左へと移動しているように見えた。
「意外にやるじゃんか、誰がDFライン仕切ってるんだ?」
と思わされたのも束の間、15分くらいには早くも草津の攻撃が手詰まりに陥る。
やや間延びしたラインの前方スペースを仙台はきっちり埋めてしまい、草津DFはボールを預けるところが見つからず、秋葉を中心にDFラインでパス回し。思い切って前に蹴っても相手選手に絡めとられ、奪いにいってファール。そんなこんなのリスタートから、仙台がきれいなサイドチェンジで草津選手を右へ左へ振り回してからゴール。

その後は草津陣地内で一方的な試合が展開される。
心配していたとおりになってしまったなあ、草津の攻撃にアイデアが足りないのは選手のクオリティ上仕方ないところがあるんだけれど、それを補うのがボールを持っていない選手のダイナミックな動き。モビリティって奴ですな。逆説的に言うと、アイデアのある選手は見えているので動かない、なので中村俊が父オシム監督に
「もっと動け」
と叱られたりする訳だけれど、それはともかく、草津の選手はボールを貰いに下がってばかりで、誰かが下がったら誰かが上がるってのがあんまりない。それと前半はポジションにこだわりすぎていたきらいもあって、相手が簡単に予測できるパスしか出てこなかった。
「Pass is Message」って横断幕があるじゃんか、そこんところ、よ〜く汲み取ってくれ。本来捌きの櫻田ばっかりが走っているってどうなのよ。秋葉がサイドの2人に怒鳴っていたのはそういうことだと思う。

対する仙台は
「チャンスになったら絶対に『もう1人』いけ」
が徹底されていて、前方で萬代や中島が持とうものなら誰かが必ず3人目として飛んでいく。これが人に付くのかラインを上げるのか、見ていて今ひとつはっきりしない草津急造守備陣には大変に効果的。本当にいつ得点してもおかしくなかったのに、なぜか前半は1得点で終わってしまった。

後半になると(物理的に)逆風の中、草津がちょっと盛り返す。
客席から笑いを呼ぶほど伸びるシュナイダーのゴールキックが飛び交う中、仙台が3回チャンスを作ると、その間に1回くらい自分の時間帯をねじ込むくらいの確率。
それでもコーナーキックから追加点を決められ万事休すか、と思ったところで佐野監督代行は守備的MF松下を下げて攻撃型MFの山崎と交代。あわせて後藤と松浦を交代。
一応「諦めないぞ」というメッセージになったのか、草津の攻撃がやっと縦に速くなり3対1くらいの確率だったチャンスが3対2程度に縮まる。

20分を過ぎたあたりで仙台も10分おき程度に選手交代。全体的に見て「持てる」選手を投入したっぽい。時間を稼いであわよくば追加点、って感じか。攻め込まれたりしていても基本的に余裕。交代で入ったFWの関口なんか遊んでいるかのようにドリブルを繰り出していたし、熊林なんかCKの時によそ見しててボールの行方なんか見ちゃいなかった。

こういう態度はサッカーの神だかなんだかはお気に召さないようで、草津がとうとうコーナーキックに持ち込み、尾本が得点。

その後は、カウンターの掛け合い。結局仙台が得点を追加して、今度こそ本当に万事休す。佐藤正美が投入されてたなあ、なんで?

攻撃に振った後半の草津の攻め込みぶりを見ると、最初からそうしろよという意見もあるだろうけれど、実際には攻め込むと必ず1回は相当に危ないカウンターを喰らっていたので、あの布陣を採用していたら90分間で何失点したのか分からない。

まあ、仙台サポも「勝って当然、つまらん」ってほど虚しい試合にはなっていなかったようだったから、よしとするか。

ところで、左SBの寺田。植木監督があんまり使わないわけが何となく分かった。勝負しないんだねえ。高い位置まではいくんだけど、貰ってちょっと前に出て、ああ〜だめか、ってな感じですぐバックパス。反対サイドの佐田が敵わないながらも仕掛けているのと比べると差が目立つ。
それと仙台FWウィリアン。ゴール前どフリーの状態でバスを選択するってのは、ブラジル人にあるまじき行為じゃないか?

« F東京vs千葉(TV観戦) | トップページ | オリンピック精神を持つ会社 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/15061051

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs仙台:

« F東京vs千葉(TV観戦) | トップページ | オリンピック精神を持つ会社 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト