« 真打ち登場、、、なのかも | トップページ | 新製品登場まで待てなかったのか »

2007/04/21

草津vs福岡

2007 J2 第10節 草津 vs 福岡(群馬陸)(J'sGOAL)

前半開始直後、キックオフした福岡が出鼻をくじくように一気にゴール前に迫るがこれは得点にならず。お返しとばかりに草津も松浦のシュート、チカのロングフィードから佐田がクロスと福岡ゴールを脅かす。
これはそれなりに楽しめるか、と思ったが、その後は福岡の俊足サイドアタッカー、田中佑昌に翻弄される45分を過ごす事になるのだった。

福岡は何度か大勝しているけれど、この兇悪な速力を誇るサイドアタッカーを抑えられる人材がいるかいないかがその点差に表れるって事なんでしょうな。
んで、今回の草津は残念ながら“いない”方。
植木監督は本来センターバックの田中淳を左サイドバックとして対応させる腹づもりだったらしいが、結果として
「田中佑がアタック開始」→「田中淳、CBのセオリーとしてすぐには飛び込まずじりじり下がって対応」→「ディフェンスラインも合わせて下がる」→「合わせて福岡の選手が草津陣地に次々侵入」→「気が付けば草津PA内に大量の福岡選手が逗留」→「福岡にPA内でパス回しされ草津は振り回される」→「草津失点または何とかクリア」→(繰り返し)
という展開をず〜っと見せられる事になってしまうのであった。

更に今回はセンターフォワード(氏原)を起用していなかった。
スピード型の高田&松浦をアタマから起用したのは、カウンター要員という事だけでなく、前線に張る氏原だと「走り回って前からプレス」という仕事を得意とはしていないため孤立しているだけになるだろうから、という判断からと思うけれど、“前に張らない”FW2人はみんなに合わせて低い位置まで下がってしまうので、たまに前に出るボールを保持する人材が誰もいないのであった。
いくらスピードがあってもDF陣への正面単独突破は難しい。
また、田中淳が低い位置から上がってこないため、前にいるアウトサイドハーフ桑原もあまり後ろとの間隔を開けるのもヤバい、という事か攻撃に関与出来なくなってしまう。
前半は、やたら右アウトサイドの鳥居塚がシュートしていた気がするが、左サイドからの崩しが全く無かったからなんだな。

そんな訳で、草津は2失点。後半開始直後の3失点目は櫻田のクリアミスをアレックスに拾われたもので、これはいわゆる「防げるはず」系の失点だったが、それまでの2得点は獲られるべくして奪われたもの。
あれだけゴール前でパス回しされちゃあねえ。2失点で済んだのはむしろ幸運。

後半アタマから桑原に替わって氏原が登場。その直後に3失点目を喫する草津だが、失点直後に田中淳に替わって寺田が投入されると、流れが草津に傾いていく。
3得点した福岡が攻め急がなくなったから、ということも大きいにしろ、キーマン・田中佑の存在感がいきなり薄れたのが大きかった。
攻撃型選手としては珍しくない事ではあるが、彼は守備が間違いなく苦手なようで、相対する相手が機を見て高い位置に陣取ったり突破を図ったりする「普通のサイドバック」だと、そのサイドからいなくなってしまう。「消えてしまう」という事じゃなくて、真ん中に寄ったり反対サイドに行ってしまったりと物理的にいなくなってしまう。

もちろん裏への突破は相変わらず鋭いものの、中へ中への突破が多いためCBのチカ辺りにマークされて明らかに苦しんでいるんだな。
「あ〜、これはやっぱり監督の用兵ミスって事だよなあ」
前半とは打って変わって福岡陣地内で飛び交う草津のクロス(特に寺田サイドから)を眺めつつ、もったいないオバケが心の中で飛び交うことを抑える事は出来なかった。
ちなみにクロスには誰も間に合わなかったので、草津が得点する事はなかった。

草津が強豪相手に「ちょっとした奇策」を用いてずっこけたのは今季2度目。東京Vとの開幕戦以来。逆に特にひねった用兵をした訳でもないのに仙台や京都相手には善戦している。
後半の草津を見るとチームとしてはある程度出来上がってきているのが分かる。
だからチーム作りの段階でいうと「監督のやりたい事は定着してきたが、応用が利かない」くらいか。
まあ、高いレベルでどのポジションでもこなせる選手がいないってのもあるんだろうけど、そんな選手は草津に来ないよな。

というか、今日の試合を見てふと思ったのは
「甲府が残って京都、福岡が降格したのは『相手に合わせる守備から入った』からかもしれない」
ってことか。
今年も苦戦する「相手を潰す守備型」横浜FCを横目に柏と神戸は善戦している。

だから、今回の試合では浦和みたいに
「誰をどこに置いてもある程度計算出来る」
選手をずらりと並べたチームでない限り、相手に合わせて色々奇策を練るよりもスタイルを確立させることを優先させるのが結果的に勝ちに繋がるのかもなあ、ということを実地で教えられた気がした。
逆に言うと「スタイル定着と目先の結果」を両立させる事が出来たから、イビチャ・オシムやヴェンゲルの評価が高いわけで。
敗戦からも学べる、ってのはこういう事かなあ、違うか。

« 真打ち登場、、、なのかも | トップページ | 新製品登場まで待てなかったのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/14797438

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs福岡:

« 真打ち登場、、、なのかも | トップページ | 新製品登場まで待てなかったのか »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト