« 「日本車キラー」ではなく「アメ車っぽさ」で勝負 | トップページ | 深謀遠慮か勢いか »

2007/03/07

トップの地元でワールドプレミアが欲しかったのか

新型エクストレイル発表、今夏に発売(ホビダス・オート)

ゴーンCEOの命によりやり直しとなっていた新型エクストレイル。
ジュネーブショウであっさり登場。
パッと見キープコンセプトなんだけど、となると次期型は劇的に変えようとして待ったがかかったのかな。
キャシュカイってのはこのクルマよりも下のクラスだってのは初めて知った。モロぶつかるやん、と思っていたけれど。
ディメンション的に多少縦長になったけど大きくは変わっていないから、従来顧客の乗り換え需要には応えられるのではないかなと。
しかし欧州の方が先に出るのだな。

Dodge's mini-Viper(Autocar)

ちっちゃいヴァイパーだっていうので、V6くらいの普及版でも出たのか、と思ったら割合現実的なコンセプトカーという落ちだった。ロードスター対抗というテーマらしいが、ダッジは出るとも出ないとも言わないらしい。

« 「日本車キラー」ではなく「アメ車っぽさ」で勝負 | トップページ | 深謀遠慮か勢いか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/14182851

この記事へのトラックバック一覧です: トップの地元でワールドプレミアが欲しかったのか:

« 「日本車キラー」ではなく「アメ車っぽさ」で勝負 | トップページ | 深謀遠慮か勢いか »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト