« 幸せの黒い鳥(ベタ) | トップページ | 草津vs徳島(2007・第2節) »

2007/03/10

千葉vs清水(TV観戦)

2007 J1 第2節 千葉 vs 清水(フクアリ)(J's GOAL)

昨年はワンボランチで失敗した千葉は第1節に引き続きダブルボランチを採用。
ただ今回は佐藤勇人のパートナーとして対人に強いDF・水本を起用。
水野の抜けたディフェンスラインには、子オシム監督就任後、しばらく干されていた斎藤が入った。

佐藤勇の持ち味「上がり」を引き出すための方便として、見ようによっては苦肉の策ではあったものの、しばらくはこれがハマる。
中盤では清水のパス回しを寸断し、誇る両翼・山岸&水野がお互いに向けた大きなサイドチェンジで相手を振り回してチャンスを量産。
「気がつけばディフェンス王国」清水守備陣は粘り強く対応していたが、水野の笑顔を見ると
「いくらでもチャンスは作れる」
といった自信が透けて見えた。

ところが先制点は清水。
藤本からのパスを受けたフェルナンジーニョがペナルティエリア内へドリブルで進出。
千葉DF(斎藤だったか?)がアタックした瞬間に、ゴール前へ山なりの浮き球パスを送る。
苦し紛れが偶然そういうパスになったのか、狙ったものなのかは分からないが、千葉GK・岡本は完全に虚をつかれてゴール前はがら空きに。
飛び込んできたチョ・ジェジンが決めた。
これよりちょっと前に藤本がサイドから一気にPA内へ切り込んでいき、4人を相手に奮闘するというプレーがあった。
これがいい前フリになったのか、千葉守備陣が必要以上に左サイドに意識がいってしまったようで、右から来たチョは完全にフリー。
右サイドに藤本が残っていたから、「奴にパスを渡されるとまずい」なんて考えちゃったのかな。

これで突然千葉の選手たちの動きが悪くなり、ボールへの出足が鈍くなって、ほどなく枝村が2点目をゲット。
PA付近で千葉の守備陣が固まっているところとは反対方面へ進出し、ミドルシュートを決めた。
これで見ると「誰かが相手についていったから誰かがフォローする」という意識が千葉側には低い。
いわゆる連携がままならないって奴か。
枝村の2点目もストヤノフが付いていってアタックしたが、交わされた時要員として誰かが付いていく、というプレーが無く、ゴールを守るのがGKだけになってしまった。

こうなるとドリブラー・フェルナンジーニョを止めるのは難しい。
ややあって、再びフェルナンジーニョがドリブル開始。
千葉DFラインはずるずる下がり、空いたスペースを気持ち良さそうに駆け抜けて、ミドルシュート。
これはポストに当たったが、いつの間にか飛び込んできた伊東が決めて3点目。
真ん中を堂々と駆け抜けてきた伊東を誰も捕まえに行かなかった、という点に千葉側の混乱ぶりが分かる。
他にも斎藤が相手のパスをそのままスルーしてしまった、なんてのもあったな。

こうなると清水が無理することは無い訳で、焦ってボールを追いかけ回す千葉を翻弄するように素早いパス回しを披露。
不満があるとすれば、明確に「ゴールへの意志」を感じさせたのはフェルナンジーニョくらいだった、ってことかな。

それと、千葉はこういう場面になると阿部、ハース、クルプニコビッチといった試合のペースを変えることの出来る選手の不在が響く。
現在のところ、水野と山岸の突破しかボールを前に運べない。
真ん中からの攻め手が無い。真ん中でのボールキープが無い。真ん中からの突破がほとんどない。強力なセンターバックを擁する清水相手でこれは厳しい。

後半、千葉はミスの目立った斎藤を下げて水本をDFに戻し、新加入の下村を投入。
水本をある程度守備専業に回したのはフェルナンジーニョ対策としては有効だったようで、清水は見事なパス回しを見せながら、ゴールへ迫る比率が急に減る。

横パスを追いかけながら最後まで走り回っていた千葉の選手の体力と根性には感心したし、遮二無二前へ前へと選手たちが走って行った結果、明らかに清水を押し込んでいたけれど、「阿部の代わり」を任された下村はまだ各選手との距離感が掴めていないと見えて、なかなかチャンスを作れない。
結局、セットプレーから得たPKをストヤノフが沈めたが、清水の堅守を崩せないままに試合は終了。

フェルナンジーニョに替えて投入された西澤が、PKを決めた直後に試合進行をせかしたストヤノフを突き飛ばしてレッドカードというお笑いプレーを見せてくれたが、得点された後とかに味方を落ち着かせるか鼓舞するのがベテランの役目と思うが。同じことは千葉の斎藤にもして欲しかった気も。

3点も獲った清水だが、フェルナンジーニョを抑えられると攻め手が急に減る。
まだ「堅守に得点力を上積み」までには至っていない模様。
千葉は両翼頼みの攻撃を改善できないと上位陣相手に得点するのは厳しいだろうなあ。

あと千葉お約束の「東欧選手」ジョルジェビッチ。
フェルナンジーニョに振り回されてはいたものの、ロングフィードは見事なものがあったので、これとストヤノフの上がりを活かせるようになれば面白いだろうなあ、という気にさせてくれた。

« 幸せの黒い鳥(ベタ) | トップページ | 草津vs徳島(2007・第2節) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/14217722

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉vs清水(TV観戦):

« 幸せの黒い鳥(ベタ) | トップページ | 草津vs徳島(2007・第2節) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト