« 余った場合は? | トップページ | でも結構いい事言ってます »

2007/03/24

楽観するな(ペルー、15人だけかよ!編)

巻、高原のゴールで日本が2−0とペルーを下す(スポナビ)

本日の素晴らしすぎるオシム語録
皆さんがワールドカップ直後にどういう記事を書いたか、もう一度お読みになったらどうか? 無くしたのなら私が探して、コピーして差し上げてもいい。」(スポナビ)

ゲレーロ、ファルファン、ピサロといったエース級が呼ばれず、若手によるチーム再構築中のペルー。
となると迎え撃つ日本にとっては「失点しちゃいけない」ってのが課題の1つと言えますかな。
となるとこの課題はクリア。

んで、最大の関心事「海外組との融合」。
中村俊にボールが渡って「さあ〜、どうしよう」と停滞することは無かった。
なるほど。「誰かがボールを持ったらパスコースを増やすために走る」という基本的了解事項が生きたって事か。巻と高原のコンビも「前からプレス」という労働者仕事を厭わなかったし、得点したし、いいんじゃないでしょうか。

でもロングフィードやサイドチェンジといった「大きな展開」が少なかった、或いはミスが多かったってのは不満。
強風で難しいということはあったと思うけど、ペルー側は出来ていて、引いて奪ってサイドへ大きく展開ってプレーで何度かチャンスを作ってた。上背のある選手が少なかった事は日本にとってラッキーだったかな。
あとミドルシュートが少ないなあ。この辺はペルーの守備が上手かった、ってのもあるんだろうけど。

とはいうものの、ジーコ時代に海外組が参加した時に良くあった
「あらら、全然違うチームになっちゃった」
とか
「あ〜あ、プレーが止まっちゃった」
っていう場面が無かった、という点で「海外組への対処」は進化したんだと思う。
もっともジーコ時代は「海外組が2人だけ」って事自体無かったっけなあ。

結論としては、かなりポジティブに捉えていい試合。
もちろん楽観は禁物、という事で。

« 余った場合は? | トップページ | でも結構いい事言ってます »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/14375291

この記事へのトラックバック一覧です: 楽観するな(ペルー、15人だけかよ!編):

« 余った場合は? | トップページ | でも結構いい事言ってます »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト