« WMPって無料だよな | トップページ | 半年先の余計な気遣い »

2007/02/25

オリンピック開催予行練習の一環かも

慎太郎にダメ出し…三宅島公道でオートバイレース構想(ZAKZAK)

三宅島オートバイレース、「道狭く危険」・専門家指摘(NIKKEI NET)

三宅島オートバイレース実行委員会

ドライダー宮城光

元ネタがZAKZAKってのがアレだが、NIKKEI NETによれば共産党が絡んでるらしいので、人によってはもっとアレだな。石原都知事にしてみれば全く以てアレかも知れないが、まあいい。
本田も広報部を通じて開催に積極的でないようなコメントをZAKZAKに寄せているけれど、前後の脈絡を切り取ってる可能性もあるしな。
難波恭司も同じ趣旨のレポートを提出したそうだけど、他の調査者はどうだったんだろう。いなかったのかな? もしそうなら調査者がそろって「危険」と判断したわけで、これは由々しき事態、
しかし、開催者側は調査者に「こういうレースをしたいんですが」という説明はどの程度具体的にしたんだろうか。「マン島みたいな、、、」だけだったら「そりゃ危ないよ」って結論になるのはある程度見えてる気がする。

とはいうものの、レースの形式を知らないままなんやかんや書くのは一番アレなので一応大会基本案(PDF)を眺めてみた。更新日が2/23になっているのを見ると都議会に提出された資料かな。
レース形式は三宅島周回道路を125cc以下のバイクで一周するタイムトライアル形式。ただし「タイムを競うんじゃなく、完走することを最大の目的として頂きたい」ということだそうで、その辺を理解してくれない人には参加させない、とか。
国産で125cc以下だと、今はスクーターばっかりのような気が。

もっとも詳細なレース形式についてはまだ検討中。
安全対策として「クラッシュパッド(バリア)」「救助体制」「医療体制」「インフラ整備(道路の難滑化」は挙げられているけれど、肝心のレースがどういうものなのか判らないので「トップスピードの抑止策」というような規則面が判然としない。
125ccなら大したスピードが出ない(そんな事もないけど)からいいということなのか、リミッターを装着するのか、上限時速を何km/hにして何km/h以上超過したら失格というレギュレーションにするのか。
他にもマン島を見習ったレースだったらインフラ整備に4億円は安いかも、とか具体的な心配をしようがないくらいに判断材料が乏しい。
だから調査者が、どんなレースを想定して調査結果を出したのか、というのがそもそも判らない。
この資料を読んだ後ではレース内容の危険性云々以前に、あと9ヶ月しかないのにまだこれしか出せる資料がないなんて準備期間が短すぎないか、という心配の方が先に立つ。

結局、まだ議論段階で安全対策やレース形式はこれから詰めるのなら「マン島の真似をするのは危険です」と警告した調査結果は「検討材料の1つ」の筈で、世間に大きく出すのはちょっと早かったのかな、という気もする。
もっともこの調査結果は、「現在の」三宅島では
「命知らずがハイスピードで峠を攻めて自爆して、救急車その他の医療体制が間に合わなくて死んじゃいました」
レベルの医療体制しか行えないといいたいのかも知れない。
少なくともインフラ整備や医療体制の整備で「救急車その他、、、」はある程度回避出来る可能性もあるわけで、問題は「命知らずが、、、」の部分。ここをどう抑えるのかはレース内容を詳細に詰めた後でないと何とも言えないよな。
ただレース内容が詳細に詰まっていない今だからこそ、否定的意見に耳を傾ける余地はあると思う。

個人的にはタイムトライアル形式で閉鎖された道を1台ずつ走るのなら、普通に一般道を飛ばすよりは安全だとは思う。
で、極端な事を言えば上限時速を30km/hくらいにでもにすれば、すごく安全になる。
上限速度規制が難しいなら、タイムトライアル方式を止めて自分のペースで走れるけれども自制も必要なアメリカ方式(※)にするという方法もある。
タイムコントロールをかなり細かく設置すれば飛ばしすぎる事もないだろうし。
一般参加式なら、そんなのんびりしたレースも悪くない気がする。
全部アメリカ方式じゃあ、参加者が集まらないってのなら国内ラリーみたいにSS(タイムトライアル)+ロードセクション(アメリカ方式)ってな感じの混成式にしてみるとか。んでSSは
「ここなら飛ばしても大丈夫そうだ」
みたいなところに設定するとか。

自分もバイクに乗る事を趣味とする人間だが、身体を剥き出しにして人間の能力を超えたスピードで走る以上、公道だろうがサーキットだろうが死亡に繋がる事故が起きる確率は常にある、それを自分でどう防ぐのかが運転の上では重要と理解している。
ただ、そういう考え方は一般的にコンセサスが取れているとは言い難い。
ZAKZAKみたいなイエロージャーナリズムがこういう採り上げ方をすることを見ても、必要以上に危険視されている部分があると思う。
何たって写真のキャンプションに「殺人レース」なんて書かれてるんだもの。

三宅島のレースは「レースでメシを食っている」人たちのものじゃないから、そこまで意地になって飛ばしはしない、とは思うけど、お上のお墨付きで飛ばせる解放感から思ったよりスピードを出してしまって、それが事故に繋がるという可能性はある。

「危ない、と思うのなら参加しなきゃいい」なんて意見もあるみたいだけど、「レースってのは危ないもの」って判っている人だけが参加したとしても、東京都が「大きく扱う」事を前提としている以上、万が一死亡事故が出たらそれが理不尽に大きく扱われてしまうかも知れない。
各種ワイドショーのコメントが「やっぱりバイクって危ないですね、以上」で終わって、バイクとモータースポーツがネガティヴに叩かれるのは見たくない。
もし宮城光のコメントどおりに「まず開催ありき、で動いている」のなら、4億円といわず湯水のように安全対策(インフラ、レギュレーション執行体制共に)にカネをかけて欲しいよなあ。

さらにいうと、これが成功裏に終われば、各自治体で公道レース開催を検討する際のプロトタイプになるかも知れない。「ああ、これは金がかかりすぎて無理だ」「あ、この費用なら出来る」という目安として。
そうすればサンデーライダーの趣味の幅が広がって、バイク業界にもいい事だと思うんだけどね。

※競技区間を走破するタイムが決められている方式。このタイムを上回っても下回ってもポイントが減算される。

« WMPって無料だよな | トップページ | 半年先の余計な気遣い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/14044401

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック開催予行練習の一環かも:

« WMPって無料だよな | トップページ | 半年先の余計な気遣い »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト