« 本家マリリンは真面目だったんだけどね | トップページ | 看板出したからにはそれなりを希望 »

2007/02/14

集金システムならお任せ

マイクロソフト、新DRMシステム「PlayReady」を披露(CNET Japan)

ジョブズがその存在の放棄を求めた(CNET Japan)直後に折良くMSが新種のDRMというか、DRMシステムを発表。

コンテンツホルダーに対して一度料金を払えば、あらかじめ登録しておいた複数のデバイスに対して同一コンテンツを転送またはダウンロード出来る、というものだそうな。
要するに複数デバイス用にコンテンツ使用権のまとめ買いが出来るシステムってことらしい。
1つのシステムに対して何台デバイスを接続出来るのかは発表されていないし、詳細なところはまだ不明。
MS関係者は、家族で複数の携帯電話をまとめて登録してコンテンツを共有する、なんて使用方法を紹介していたが、親父さんと娘さんで同じ着メロを使いたがるもんかね。

ちょっと湧いた疑問としては、このシステムを使用した場合、コンテンツに支払う料金は「コピー費」込みってことなんだろうか。それって私的録音補償金(Wikipedia)?
となると他のデバイスに転送する事が無くても、持っているデバイスの分だけ支払わなきゃいけないんだろうか。
それに後からデバイスを追加したら、やっぱり追加料金が発生するんだろうか。
追加登録した瞬間、その熱心すぎる仕事ぶりが各界から絶賛されているJASRACあたりに問答無用で通報されるんだろうか。

それ以前に「こいつは何台のデバイスを持っている」ってことをどこかの企業か団体に把握されるってのは、あんまり気持ちのいいもんじゃないな。

« 本家マリリンは真面目だったんだけどね | トップページ | 看板出したからにはそれなりを希望 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/13901875

この記事へのトラックバック一覧です: 集金システムならお任せ:

« 本家マリリンは真面目だったんだけどね | トップページ | 看板出したからにはそれなりを希望 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト