« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

また始めてみるかと思った次第

楽天競馬、全地方競馬の全レースの馬券販売へ(@IT)

楽天競馬

@ITで競馬のニュースを読む事になるとは思わなんだ。
2005年1月の競馬法改正によって、馬券販売業務の民間委託が受け入れられたことを受けて準備していたんだという。
知らなかった。
と思ってぐぐって見たら、去年の3月から動いていたんですな。(Wikipedia・電話投票
ということは、高崎競馬場(Wikipedia)もほりえもんじゃなくて楽天に声をかければ生き残れたかも知れないわけだな、、、1年半保たせるのは無理か。

自分は以前(7、8年くらい前か?)SPATとD-netに加入していたが、しばらくして止めてしまった。
何でかというと、群馬在住の人間は高崎競馬場以外の情報を詳しく素早く得る手段がなかったから。要するに予想材料が少なすぎた。中継はグリーンチャンネルで見られたけど、画像と解説だけで予想するほど度胸はなかった、、、というか、手持ちの情報を色々こね回して予想をする自分のような人間にとって、馬柱が手に入らないと「楽しむ」こと自体が厳しかった。
情報収集ツールとしての威力を発揮し始めていたインターネットでも、個人作成の情報サイトみたいなものは散見出来たけれど、開催当日の馬柱まではさすがに無かった。

今回開設された楽天競馬は動き出してから1年近くかけただけあって、情報に関してはJRAの公式サイトやnetkeiba.comにも引けを取らない。馬柱もちゃんとあるし。
当時こういうサイトがあったら、自分も地方競馬から脱落しなかったかもなあ。

ちなみに高崎競馬場跡地は未だほとんど手つかずの空き地。
モザイクのように入り組んだ借地であるうえ、地権者の間でも「返してくれ」「今更返されても困る」と意見が色々なので、跡地利用に目処が付かないらしい。
確かに競馬場ど真ん中の土地だけの地権者は返してもらっても困るだろうなあ。そこに至るまでの道が出来るかは、周りの地権者次第だもんな。

2007/02/27

「手軽さ」で減点

Sony Mobile | NV-U1(Sony)

ソニー、4.3型液晶搭載のポータブルナビ“nav-u”「NV-U1」(ITmedia)

ソニー製ナビがトイナビとして復活。
プリインストールで「全国の番地データが収録されている」という。要するにこれは、国内全部の番地データが入っている、という事なんだろうか。それは豪華。

ただ、地域詳細図は付属のDVDからインストールする必要があるという。
これは「コピー」でなく言葉通りに「インストール」で、PCでデータ更新用ソフトウェアを起動して、USBケーブルで接続した本体、またはメモリースティックに転送するという形を採る。
この詳細版のデータ容量は全国分で1GBらしいから、2GBのメモリースティックPRO Duoを買って突っ込んでおけば、その後書き込む必要は無い模様。
、、、なら最初から2GBのメモリースティックを付属しておけばいいのに、と思うのは自分だけか。
まあ、後から買わせよう、って腹かも知れないが。

一番のウリはVICS対応ですかな。
しかしスペックを見るに付け、DrivTraxP5(クラリオン)の方が魅力的だとは思う。
やっぱりトイナビは「買ってその場で取付OK」くらいに手軽じゃないと。

3/5追記
WebCGのアクセスランキングでは、NV-U1のニュースが首位になったらしい。(2007/02/25〜2007/03/03)

ソニー、渋滞情報も見られるポータブルナビ「NV-U1」新発売(WebCG)

何だ、みんなトイナビに興味あるんじゃないか。
メーカー側でそういう要求が無い振りをしていただけか。

あと書き忘れていたけど、VICS以外のウリは「トンネルに入っても自車位置が測定出来る」。
これは素直にいいよなあ、と思う。どの程度の精度かは判らないにしろ。

2007/02/26

半年先の余計な気遣い

【JAIA07】ボルボ、新型「C30」を投入、ニューモデル続々登場!(WebCG)

ボルボっていうと「保守的なハズし」って感じで、あんまり好きじゃないんだけど、A3に乗ってる身としてC30は気になる存在。国内導入は夏頃だそうな。
でも、買う気というか買える可能性は全くゼロなので、試乗に行くのもちょっと気が引ける。「C30乗っけてくれ」ってディーラーにA3で乗り付けようものなら、「おお、ばっちり想定顧客(カモネギ)」って思われても仕方ないからなあ。
ポルシェセンターなら門前払いかも知れないだけに、乗っけてくれれば儲けもの、くらいで却って気楽に頼めるけど。

しかし、C30、アクセラ、フォーカスは全部同じプラットホームを使っているというのに、なんでフォーカスだけあんなに横幅でかいのかなあ。クルマとして目指す方向が違うからってことなんだろうけど、C30とアクセラがそれほどデブってないだけに、ちょっぴり不思議な感じはする。

ちなみに「ハズしてない保守」はベンツでしょうな、やっぱり。

2007/02/25

オリンピック開催予行練習の一環かも

慎太郎にダメ出し…三宅島公道でオートバイレース構想(ZAKZAK)

三宅島オートバイレース、「道狭く危険」・専門家指摘(NIKKEI NET)

三宅島オートバイレース実行委員会

ドライダー宮城光

元ネタがZAKZAKってのがアレだが、NIKKEI NETによれば共産党が絡んでるらしいので、人によってはもっとアレだな。石原都知事にしてみれば全く以てアレかも知れないが、まあいい。
本田も広報部を通じて開催に積極的でないようなコメントをZAKZAKに寄せているけれど、前後の脈絡を切り取ってる可能性もあるしな。
難波恭司も同じ趣旨のレポートを提出したそうだけど、他の調査者はどうだったんだろう。いなかったのかな? もしそうなら調査者がそろって「危険」と判断したわけで、これは由々しき事態、
しかし、開催者側は調査者に「こういうレースをしたいんですが」という説明はどの程度具体的にしたんだろうか。「マン島みたいな、、、」だけだったら「そりゃ危ないよ」って結論になるのはある程度見えてる気がする。

とはいうものの、レースの形式を知らないままなんやかんや書くのは一番アレなので一応大会基本案(PDF)を眺めてみた。更新日が2/23になっているのを見ると都議会に提出された資料かな。
レース形式は三宅島周回道路を125cc以下のバイクで一周するタイムトライアル形式。ただし「タイムを競うんじゃなく、完走することを最大の目的として頂きたい」ということだそうで、その辺を理解してくれない人には参加させない、とか。
国産で125cc以下だと、今はスクーターばっかりのような気が。

続きを読む "オリンピック開催予行練習の一環かも" »

2007/02/24

WMPって無料だよな

MP3特許訴訟、Microsoftに15億ドルの支払いを命じる陪審判断(MYCOM)

Microsoft に、Alcatel-Lucent への15.2億ドルの賠償を命じる評決(Japan.internet.com)

結局、MP3の正式ライセンサーって誰なのさ、とMSでなくても聞きたくなる判決。
きな臭い点はMP3がどうしようもないくらいにメジャーになってから訴えられた事か。フラウンホーファーがカネを取れるのなら協力会社のこっちだって、って思って訴えたのかも知れないけど。

MP3エンコーダ特許権に絡むカネ払え騒動は2度目。
ただ、裁判の始まった2002年当時と違って後発のAACにしろWMAにしろ既にメジャーな存在になっているので、この判決で各メーカーから「MP3を扱うとめんどくさい事になりそう」って思われたら、これがMP3の墓碑銘になってしまう可能性もあるなあ。

2007/02/23

プレミアム市場は末端セグメントに広がるか

三菱 i(アイ)が海外進出、まずは夏に英国で発売(ホビダス・オート)

三菱i(アイ)が英国進出決定。
「プレミアムAセグメント」とでも呼びたくなるようなニッチ市場でスマートにガチバトルを挑む格好になりそう。

ひょっとしたら血を分けた兄弟になっていたかも知れない者同士が、あんまり大きいとも思えないパイの奪い合いをするとは、回る因果は、というか、合従連携が進みすぎて自動車界って狭い、というか。

とはいうものの、当面は限定販売で小手調べだとか。

2007/02/22

選手名鑑には間に合わない

松下裕樹選手移籍加入決定(J'sGOAL)

この試合、人員探しにもそこそこ役立った模様。

松下って一昨シーズンの福岡では結構出てたよなあ。
アウェイの草津戦も出てたし。あんまり印象残ってないけど。つ〜か、あのときの福岡戦で覚えているのはグラウシオとアレックスだけだったりする。あとは、、、怪我した寺田(ザスパ草津)。

2007/02/21

BootCampでも動くのか?

MS、Virtual PC 2007を無償ダウンロード開始(ITmedia)

Virtual PC 2007 - 日本語(Microsoft)

BootCamp(アップル)の登場以後、使うアテもなくXPを買い求めるMacユーザーの話を耳にする今日この頃だけに、いつの間にかメンテナンスモードに突入してしまったVirtual PC fo Macを復活してくれてもいいような気がする。
せっかくの小銭稼ぎチャンスを逃してるぞ、MS。
小銭すぎて割に合わないのかも知れないけど。

2007/02/20

捨て駒向きの映画

映画にも波及する? ジョブズ氏の「DRM不要論」(ITmedia)

「General Electric傘下のUniversal Picturesは「ワイルド・スピードX3 Tokyo Drift」で、一番にこのサービスに合わせて新作映画をリリースした。この件に詳しい筋は、期待ほど売り上げは伸びなかったと伝えている。」(文中から)

ワイルド・スピード、、、いかにも「捨て駒」って感じのソフト選定だと思うのは自分だけか。

ジョブズの発言は「つかみ」に使っているだけなので、タイトルから期待されるほどジョブズ自身は登場しなかったりする。

タイトルは刺激的

スティーブ・ジョブズがAppleを葬った日(ITmedia)

「われわれは1997年に語られた「未来」の幾つかが実現していないことを忘れている。」(文中から)

と冒頭に書いてあるが、それってなんだったっけ? と思ったら「YellowBox」のことだったっぽい。この時語った「未来」はその後方向転換したよね、ってことを言いたいのかな。

個人的には、このコラムを採り上げる気になったのはOpenDoc(Excite・Appleウィキ)なんて懐かしい言葉があったからだけど。

Exciteの説明にもあるけれど、MSのOLEが「オブジェクトをリンクする」のに対してOpenDocの「オブジェクトを埋め込む」という考え方は画期的だった。
OLEだと見た目は「WordにExcelを埋め込んだ」ように見えるけど、実際には埋め込みたいのは表計算部分だけかも知れないのに、Excelが他に持つグラフィック編集機能とかも一緒に呼び込んでしまう。
これに対してOpenDocはその機能に特化した小さなオブジェクトをドキュメントに埋め込む、という考え方。
つまり、あるドキュメントを作成する際にどんな機能を必要とするか、という部分がユーザーに委ねられる。だから巨大なアプリケーションスイートの中で多数のボタンに埋もれてしまった機能を探し出すのに悩む必要が無くなる。
開発者側も1つのアプリケーションにあれもこれも詰め込もう、という考え方はせずに各機能に特化したオブジェクトを作ればいい、というわけでコスト負担も減る。
ああ〜、これってSOA(Wikipedia)か、今で言う。

しかしキラーアプリケーションを持つ有力メーカーは興味を示さず、そのうえ当時のMacOS自体が複数オブジェクトを同時稼働させる事に向いていなかった。
で「向いている」筈のNEXTSTEPを元に一からOSを作り直す事が決定したものの、その開発に手一杯になるのが目に見えていた事もあってか、リストラ対象とされてしまった。
結局、未だにエンドユーザーが簡単に使用出来る「オブジェクト埋め込み型」アプリケーションは登場しないまま21世紀も7年経ちましたな。
もっともジョブズの
「だってMacでだけしか読めないドキュメントを作っても仕方ないだろ」
という言葉もまた真実な訳で。
※Windows版、OS/2版をIBMやノベルが開発していたけど、MacOS版との互換性がなかったらしい。

この発言の
「Macだけ〜仕方ないだろ」
という部分への対策が10年後の今、ハードでもソフトでもに徐々に実現しつつあることはこのコラムの筆者も認めている。

しかし本当にLeopardの正式版出るんだろうなあ、今年の6月までに。
個人的に「ここまで来たら仕方ない」という事で10.3.9搭載Yosemite(Apple)で我慢してるんだけど。(カネがないからだろ、という的を射た突っ込みは勘弁して頂きたい)

2007/02/19

Mr.No3覚醒

Rd.3 Rally Norway Leg1(SUBARU)

Rd.3 Rally Norway Leg2(SUBARU)

Rd.3 Rally Norway Leg3(SUBARU)

こんなネタにさせてもらった「2006シーズンのミスターNo.3」が覚醒した模様。
同チームのエース、グロンホルムを抑えての総合優勝だけに価値がある。

今のところ長期計画に従ってというか、ワークスが我慢して使っている新人はアトキンソンとソルドだけなので、この2人が来年、再来年と覚醒してゆくかも知れない訳か。
つ〜か、「カネがないので育成します」がポリシーだったスバルが何でヒルボネンを1年でクビにしたのか、今でも疑問なんだけど。

ちなみにアトキンソン&ソルドは2人ともポイント圏遙か彼方の結果。
ローブは何を焦ったのか自爆。
ソルベルグはタイヤチョイスに失敗したのかと思ったが、「長いスタッドのタイヤが無くなりました」という“それはチームマネジメントに問題があるのでは”的原因で我慢の走り。一時3位まで浮上したものの、兄貴に交わされポディウムは逃した。

ところで今回もLeg2では豪雪に見舞われたそうで、C4というかローブ不振の一因だったかも知れない。
終わってみたらフォーカスがポディウム独占だし、“実績のある”クサラは残ってるし。

2007/02/18

サッカー記事以外でも信用出来ないのか

ショーケン「傷だらけの」復活“出世作”映画化で再び主演(スポーツ報知)

傷だらけの天使(Wikipedia)

もう3ヶ月以上前の話題ではあるものの、個人的には最近読んだ岸田今日子の葬儀関連の記事で始めて知った。
記事では
「年明け早々には撮影開始」
となっているが、ぐぐってみても
「復帰予定」
となっているだけで、「開始されましたよ」情報は見つからない。

そもそも、主要キャスト4人中3人が鬼籍(岸田森、岸田今日子、水谷豊はドラマの中で死亡)に入っている以上、
「主人公が同じ名前なだけで、全く違うドラマ」
か、
「エピソード1」
くらいしか作れないよなあ。
でも、エピソード1だったらショーケンが木暮修を演じる事は出来ないしなあ。
なんかウルトラCでも用意してるんだろうか、乾亨(水谷豊)は実は死んでませんでした、とか、ありがちな。
それとも上記理由が納得出来る形で解決出来ないので撮影開始されないのかな。
個人的には、何事もなかったように2人のコンビを復活させるのがよい気がする、、、というかそれしか無いんじゃあ。

2007/02/16

内燃機関の宿命

「ルマンを制したFSIの技術」(公式サイトから)、、、、でもプラグがカブったりするんだ、驚いた。

昨日、A3で出勤しようかとセルを回したが、回ってるのにエンジンが点火しない。
「え? カブり? まさかなあ、キャブレター式のバイクじゃないんだから」
と思いつつ、セルを回しっぱなしにしたり、アクセルペダルを踏んだりしてみたけれど、症状に変わりなし。
結局、通勤には家族からカプチーノ(Goo-net)を借りて事なきを得たが、
「最近のエンジンでもカブるもんなの?」
ってのは引っかかったまんま。

んで、帰宅して再度エンジン点火に挑戦、、、って程でもなく、今度はセル回し一発で点火。
「う〜、こりゃカブってたんだな」

一応、リコールがかかってる(国土交通省)クルマなので、そのままディーラーに持っていってリコール対策のついでに電装系のエラーログでも残ってないか検査してくれと依頼。
営業「エラー、無いですねえ」
自分「そうだろうと思った、、、VWが誇るFSIエンジンでもカブるのね」
営業「そうとしか思えませんねえ」
自分「最近高速に乗ってあげないからかなあ」
営業「どうですかねえ」

あんまり出るようならまた来るから、って事でおしまい。
まあ、久々に乗ったカプチーノの運転が結構面白かったからいいか。

2007/02/15

トイナビの時代到来か

パーソナルナビゲーションデバイス DrivTrax P5 (ドリブトラックス P5)(Clarion Japan)

クラリオン、MP3/WMA再生対応ポータブルナビ−SDカード内の楽曲を再生。実売5万円(AV Watch)

クラリオンからミニゴリラの対抗製品が登場。ただワンセグ対応機能は無い。
検索データ数に関しては住所、電話番号ともにミニゴリラを大きく上回るものの、ジャンル別検索の項目に関してはミニゴリラの方が多い。

メーカーにしてみれば喜ばしい話じゃないだろうけど、ユーザーにしてみると安価で取付簡易なトイナビって乗り換えが楽だから、新製品のニュースを見るのは悔しいってよりも楽しい。
「ナビってのは道案内するものだろ」派の自分には面白くなってきたなあ。

看板出したからにはそれなりを希望

群馬テレビ(株)がアドボードパートナーに(ザスパ草津)

群馬テレビが今までは何のパートナーでもなかったことを知って、ちょっと驚いた。
で、今シーズンからめでたくアドボードパートナーに。
これで競馬中継で潰されるホーム戦生中継が少しは増えるんだろうか。
群馬テレビサイトにある番組案内の「スポーツ&アウトドア」編では釣り番組の方が扱いが大きいけど、、、あ、サッカー中継って相変わらず録画じゃないか。

2007/02/14

集金システムならお任せ

マイクロソフト、新DRMシステム「PlayReady」を披露(CNET Japan)

ジョブズがその存在の放棄を求めた(CNET Japan)直後に折良くMSが新種のDRMというか、DRMシステムを発表。

コンテンツホルダーに対して一度料金を払えば、あらかじめ登録しておいた複数のデバイスに対して同一コンテンツを転送またはダウンロード出来る、というものだそうな。
要するに複数デバイス用にコンテンツ使用権のまとめ買いが出来るシステムってことらしい。
1つのシステムに対して何台デバイスを接続出来るのかは発表されていないし、詳細なところはまだ不明。
MS関係者は、家族で複数の携帯電話をまとめて登録してコンテンツを共有する、なんて使用方法を紹介していたが、親父さんと娘さんで同じ着メロを使いたがるもんかね。

ちょっと湧いた疑問としては、このシステムを使用した場合、コンテンツに支払う料金は「コピー費」込みってことなんだろうか。それって私的録音補償金(Wikipedia)?
となると他のデバイスに転送する事が無くても、持っているデバイスの分だけ支払わなきゃいけないんだろうか。
それに後からデバイスを追加したら、やっぱり追加料金が発生するんだろうか。
追加登録した瞬間、その熱心すぎる仕事ぶりが各界から絶賛されているJASRACあたりに問答無用で通報されるんだろうか。

それ以前に「こいつは何台のデバイスを持っている」ってことをどこかの企業か団体に把握されるってのは、あんまり気持ちのいいもんじゃないな。

2007/02/13

本家マリリンは真面目だったんだけどね

Google 検索: アンナ・ニコル・スミス(Google ニュース)

さすがパリス・ヒルトン(Wikipedia)をファッションリーダー扱いする我が国のワイドショーだけあって、アンナ・ニコル・スミスに関しても非常にシリアスな事件として扱うつもりだったらしいが、「元愛人で自称王族でザ・ザ・ガボールの夫」なんて正体不明の人物が登場するに至って、そういうキャラでも無さそうな事に気づいてしまった模様。

とはいうものの、マーティン・スコセッシがグッドフェローズに関して
「マフィア達の死体が次々と発見される場面でクラプトンのコーダを流したのはなぜですか」
と聞かれ
「どんな人間がどのような形で死んでも、死というものは荘厳なものだからだ」
と語っていた。だからどんなに笑えるキャラであっても、その死をシリアスに扱って悪い事はない。

個人的にはザザ・ガボールが存命している事の方が驚いたけど。

しかしお陰で「裸の銃を持つ男PART33 1/3 最後の侮辱」(Amazon.co.jp)は一部好事家にとって応えられない映画になってしまったなあ。

ちなみに、件の映画でアンナと競演したO.J.シンプソンの発禁本「If I DID IT」(Wikipedia)は米Amazonで「出版したら知らせてね」登録だけは出来る模様。eBayで探すと1500ドルかららしい。

ニューズ、O.J.シンプソン氏の告白本と特別番組を中止(IT-PLUS・Googleのキャッシュ)

If I Did It (Hardcover) (Amazon.com)

もひとつちなみに、「アタマ空っぽのパツキン」イメージとして奉られる事が多い「次代のマリリン」という字名だけど、マリリン・モンロー自身はリー・ストラスバーグのアクターズ・スタジオで演技を学び直した本格派。トチリや遅刻が多かったのは極度の上がり症だったから、「わがまま」という評価はかなり細かいところまで自分の演技を推敲したがったから、ということが今では定説になっている。

2007/02/12

久々に冬らしいラリー

Rd.2 Uddeholm Swedish Rally・Leg1(SUBARU Mortorsport)

Rd.2 Uddeholm Swedish Rally・Leg2(SUBARU Mortorsport)

Rd.2 Uddeholm Swedish Rally・Leg3(SUBARU Mortorsport)

「温暖化の影響で近年は雪が少なくて、、、」
と言われる事の多いスノーラリーだけれど、今年のスウェーデンは本格走行が始まる前夜に雪嵐に襲われて結構な積雪量になったそうな。
ソルベルグは最初の一発目(SS2)でステージベストを獲得したが、その後はここを大得意とするグロンホルムがひたすら前へ前へ。SS1でストールして後退していたローブも後を追うように前へ前へ。
結局スバル勢の2人は自爆。ポディウムは去年から代わり映えしない面々が並ぶ事に。

C4に関して言うと、テスト走行の出来ないスノーラリーという特殊条件下ではソルドの苦戦もやむなし。去年も新車・Focus06でヒルボネンが苦戦してたし。逆に言うと、グロンホルムとローブがそれだけ速い、って事で
「引退なんて考えた事無いよ」
とそろそろ40のグロンホルムが言うのも当然か。
C4欲しいよなあ、でもフランス車ってリセールバリューが、、、。

2007/02/11

ボブ・ディラン自伝(Vol.1)

ボブ・ディラン自伝(Amazon.co.jp)

結構前に買ってあって、最近になって急に読んだ。
もう2年くらい前に出てる書籍ではあるものの、団塊の世代達が信じるディラン神話をディラン自身が破壊している部分があるので、退職後にこれと併せて「No Direction Home」(Amazon.co.jp)を鑑賞する事で、「フォーク世代」の思い出をリセットするのによいのではないかな、と。訳者もディラン・ファンには歌詞翻訳でお馴染みの菅野ヘッケルだし。

続きを読む "ボブ・ディラン自伝(Vol.1)" »

2007/02/10

「FairPlay」を求められるのは誰?

ハッカー「DVDヨン」、スティーブ・ジョブズ氏に反論(ITmedia)

「4大レーベルはDRMを捨てよ」、Appleのジョブズ氏が提言(ITmedia)

「レコード会社はDRMの放棄を」--アップルのジョブズCEOが公開書簡(CNET Japan)

結論は素晴らしいが、そこに至るまでの論拠にやや問題があって、結局のところ
「悪いのはウチじゃなくてレコード会社だ」
と言いたげなジョブズの公開書簡に有名ハッカーが
「iTS&iPodってのはDRMを利用したビジネスモデルだから出来ないんでしょ」と、論拠を挙げて指摘している。
自分は「ビジネスモデルを作り出したプレーヤーが投資した掛け金を回収したっていいじゃないか」と思っているクチだが、「レコード会社が悪いんだ」なんて公開書簡を出してしまうのはさすがに「開き直り」というか「DRMを外すのはレコード会社との契約でダメなんです」とだけ言えばいいのになあ、とは感じた。
もっとも反論の方も「反論する事だけを目的」として書かれた嫌いはあるけれど。

続きを読む "「FairPlay」を求められるのは誰?" »

2007/02/08

リンゴってのは金のなる木らしい

Apple商標訴訟がついに決着——“Apple”はApple Inc.のものに(ITmedia)

「iTunes Storeでビートルズ」は実現するか(ITmedia)

「リンゴ」って普通名詞を使うためだけに億単位の金が飛び交う世の中なのだなあ。
Appleも「i+品名」を商標登録しておけば、シスコと揉めずに済んだのに。

2007/02/07

岩本テルを呼ぶ気はないかな

2007年02月05日 鹿島アントラーズ 名良橋晃選手 移籍加入決定(湘南ベルマーレ)

「新体制発表」後もF東京に福西が加入したり、東京Vに柏のディエゴが移籍したりと印象的な選手の出入りが続く。
「新体制発表」記者会見ってのは「これからキャンプインします」報告会ってことなのだなあ、と改めて思った次第。
それにしても去年は横浜FCが一手に引き受けていた「名選手リバイバル」が、今年はJ2上位候補陣全体に広まった感じ。「裾野が広がる」ってのはこういう事か、、、微妙に違うか。

2007/02/06

バブル期ってもうリバイバル対象なのか

バブル期を舞台にした映画「バブルへGo !」とのタイアップというかメディアミックス企画で「カノッサの屈辱」(Wikipedia)が復活。
オープニングに「仲谷昇教授に捧げる」と出るのが泣かせるが、面白いか、といわれると、リアルタイムで見ていた者には結構辛い。

「オリジナルの方が、、、」というジジイの繰り言的意味じゃなく、この番組がウケたせいで似たような構成の番組が乱立した時期をくぐり抜けてしまうことになって、もう見飽きているから。
携帯電話、という題材もちょっと厳しいか。「昔はこれがイケてたんだよ」っていうクスグリどころがないから。

それと仲谷教授と比べると、伊武雅刀だと台詞回しが滑らかすぎて、なんか違和感があるな。
つ〜か、もう寝なさいよ←自分

2007/02/05

ジム・ヘンソン・プロの許諾は得てないと思う

HOW TO - Make an Oscar the grouch costume(MAKE:)

「コスプレ」という言葉が市民権を得てしまったどころか商売にもなっている昨今、DIYで衣装を作っている趣味人はそうそういないと思うが、世界的人気を誇るキャラのコスプレ衣装をDIYで作ってしまった人を発見。
DIYサイトのハロウィンコスチュームアーカイブの中にあったが、強盗かテロリストにしか見えないぞんざいな顔の作りが心に染みる。

ちなみにコスプレにありがちな「ゲームキャラ」系としてはこんなのもあった。

Make your own giant Q-Bert(MAKE:)

何でこんな時季はずれな事を書いているかというと、昔Mac用ジョークソフトに「Oscar the Grouch」というのがあって、ゴミ箱にファイルを廃棄するとオスカーが出てきて「I Love Trash !」と歌ったりするものだったが、

それのOSX版は無いのかな、と探す過程で発見して笑ったから。

ちなみにこのソフト、ジム・ヘンソン・プロダクションからの抗議を受けて作者が引っ込めたということで有名なソフトウェアだが、「フリーウェアで、ジム・ヘンソン・プロに著作権ありと明記するなら」という条件でOS8か9の時代に復活していたと思う。少なくとも自分がダウンロードしたバージョンのRead Meにはそう書いてあった。だからOSX版もひょっとして、と思ったが、どうやら無いらしい。でもWindows2000-XP版はあったので、Winユーザーの方は探してみて損はないかも。

2007/02/04

Be a SUPERMAN ! から14年

キリンラガービール_CMギャラリー(KIRIN)

RYDEEN 79/07・イエロー・マジック・オーケストラ - RYDEEN 79/07 - Single - RYDEEN 79/07(要iTunes)

イエロー・マジック・オーケストラ・イエロー・マジック・オーケストラ(要iTunes)

最近になってメインスポンサーがエプソンからキリンになったテレ東の「美の巨人たち」を眺めていたら、突如野蛮人姿のYMOが登場してライディーンの演奏が始まった。
14年前に1回だけ行われた再結成時の狂騒(Wikipedia)を知る、そしてノセられた者としては何の前触れもなく再結成登場したのには驚いたが、結局、サディスティック・ミカ・バンド、寺尾聰、チューリップに続く「70's-80'sリバイバルシリーズ」の一環だったらしい。
それよりも驚いたのは、この曲のCM用バージョンがあっさりiTS-Jに登場した事か。「タイムマシンにお願い」はずいぶんかかったのに、一度解禁になったら後の交渉は簡単、という事かな。
そして同時にYMOのディスコグラフィーがライブラリに追加、、、されたと思ったらRYDEEN 79/07以外のものをクリックするとこんな表示(23.7KB)が出てしまう。
担当者の勇み足か? iTS-Jの関係者ってYMOの濃いファンがいそうだもんなあ。まあ、単なる邪推ですけど。

ところでWikiの「テクノドン」の項目で故ウイリアム・バロウズが「作家で俳優」と紹介されているのは面白い。
この時期、やたら映像方面に露出してたからなあ。
「ドラッグ・ストア・カウボーイ」のTシャツ、まだ持ってるけど。

2007/02/03

無益な情報を垂れ流す理由

ブログの更新に飽きたまま放置していると… - 韓国で休眠サイトの大掃除(MYCOMジャーナル)

お隣の韓国の話。

書き込みの出来るサイトが悪用される、ってのは以前から掲示板で似たような事があったが、手軽に「書き込み可能な」サイトを始められるブログというメディアが登場して個人サイトが急増すると、比例して「書き込み可能な」休眠サイトが急増してしまったため、このような強引とも言える対応策を決行したそうな。

もっとも、遙か昔に更新を止めたブログに書かれた情報がたとえ時代遅れであっても、人によっては有益である可能性がある事もまた事実。そしてそれが検索で引っかかる事が「Webは情報の宝庫」と言われる由縁でもある訳で、どんなに小規模でも「公開されているメディア」である以上、単純に「本人の興味が無くなったから」で無くしてしまって良いものなのかどうかは議論の分かれるところ。
特に「興味が続いている→書く事がある」ときに書かれた情報は、本人が想像する以上に他人にとって有益な可能性が高いだけに。

閉鎖、または休眠する時は、せめてコメントとトラックバック機能を全面的に停止するくらいはマナーとしてわきまえた方がいいって事ですか。

しかし、卒業や退職、あるいは長期にわたって自分の持ち場を離れる際に、自分の持ち物や持ち分を整理するのは常識。
でも
「仕事でもないのに後片付けをする」
ってのは結構キツいんだよなあ。部屋が凄い事になってやっと「ちっとは片付けるか」てなもんで。

ところでこの記事、自分にとっては
「じゃあ、自分はなぜブログを続けているのか」
という逆の意味の問いかけにもなったりする。
「書く事が好きだから」
、、、う〜ん、綺麗すぎるな。
「多少は嬉し恥ずかし注目を浴びたいから」
ちょっと近いかも。
とはいうものの、なるべくアクセス数は見ないようにしていたりする。
何でかっていうと
「『ウケた自分』を引っ張るのが面倒だから」
このブログの内容が日替わりであっちこっちに飛んでいくのは、そういう訳です。
だから続いているのかなあ。まあ、「有益な情報」を書いていないのは確実に言えるけど。

2007/02/02

そういえば金属臭すらしなかった

ステンレスの防臭効果は不当表示 販売2社に排除命令(asahi.com・Googleのキャッシュ)

報道発表資料・平成19年(公正取引委員会)

「スメルキラー」買ってしまっていたりする自分がここにいる。
正直「効果ねえなあ」と放り出したままでいたことを今思い出した。
自分のような消費者として正しくない怠け者と違って、効果ねえなあ、所詮は疑似科学、で終わらない人たちがいた、という事ですな。

ちなみに公取委の報道発表ページ、同じ日に
「ビームスがルーマニア産のズボンをイタリア産として売っていたのでと叱っておきました」
という発表も為されていたりして、なかなか面白い。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト