« Jリーグ日程表 for iCal更新 | トップページ | ボンドカーの座は守れるか »

2007/01/30

つまりラモス監督の扱いがマズかった、と

森本デビュー3分弾!/セリエA(日刊スポーツ)

オシム語録に
「若い選手がちょっと活躍するとすぐにスター扱いするってのは良くない」
というのがあるけれど、これはオシム監督に限らず指導者みんながよく言う言葉。最近では早大に入ったハンカチ王子への「合コン禁止令」(Googleのキャッシュ)がそうですかな。

まあ、スポーツマスコミってのは才能のある選手を踏み台にしてメシを食うのも本質の1つではあるので仕方のない部分はあるものの、オシム監督の言うように
「ノセられていい気になった選手が潰れても(あるいはあんたらのウザさに音を上げても)、あなた達は責任を取らないでしょう?」

今のところ、和製サッカー選手は継続的な活躍がなかなか出来なくて気が付くとJに帰っていたりするが、もし森本が継続的に活躍出来ようものなら年齢的に考えて相当先まで保ってしまう可能性がある。
そうなったら「早くA代表に呼べ」だの「目指せ南ア大会得点王」だの、浮かれ騒がれうざい目に遭う可能性は一気に高まる。

というわけで、ここらで森本、イタリア人の姉さん女房でも貰ってみてはどうだろうか。
18歳で結婚、という事で世間は騒ぐだろう。
マスコミも押し寄せるだろう。
しかし大勢のマスコミを前にしてカミさんに
「おい、こいつらイタリア語が判らないのに『取材』に来たんだとさ、馬鹿だよなあ」
とイタリア語で話しかけて憂さを晴らしたあとおもむろに、ヒデよろしく
「ここをどこだと思ってんだよ(イタリア語)」
とでも言えば、一気にマスコミはトーンダウン。
「森本は取材嫌い」
というレッテルを貼って貰えば、よほどの事がない限り日本からわざわざ出向いてコメントを獲ろうとするような真似はなくなるはずだ。
嫌われたってイタリアに住んでる限りはあんまり関係ないし、カミさんの家族の家に居候も出来て食生活は安定するだろうし(イタリアン・ファミリーに対する勝手なイメージ)、いい事ずくめのような気が。

ただイタリアでも人気が出ると、パパラッチが凄いのか彼処は。う〜む。

そう考えると、サッカーバブルを逆に踏み台にしたキング・カズとゴン中山が神の領域に近づきつつある理由がちょっと分かる、、、気がする。

« Jリーグ日程表 for iCal更新 | トップページ | ボンドカーの座は守れるか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/13711648

この記事へのトラックバック一覧です: つまりラモス監督の扱いがマズかった、と:

« Jリーグ日程表 for iCal更新 | トップページ | ボンドカーの座は守れるか »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト