« つまりラモス監督の扱いがマズかった、と | トップページ | そういえば金属臭すらしなかった »

2007/01/31

ボンドカーの座は守れるか

Aston Martin: the auction ends today(AUTOCAR)

「アストン・マーチン社オークション」が昨日締め切られた模様。
30以上の団体、個人が名乗りを上げた中で、有力候補として絞られたのが、オーストラリアの大富豪(メディア王の息子だそうな)ジェイムズ・パッカーが中心となった投資グループ、、シリア人の投資家サイモン・ハラビ、カナダのパーツメーカー・マグナ、イギリスの投資ファンド・パーミラとドーティ・ハンソン、アメリカのバイアウトファンド、テキサス・パシフィック・グループといった面々。最近流行りのロシア人は入っていない。同社の社長だったウルリッヒ・ベッツの名前も挙がっているが、Wikipediaによれば諦めた模様。
あと、オートカーでは「噂」扱いでBMWの名前も挙がっていたが、表立っては動かなかったらしい。

この中で転売目的で無さそうなのはジェイムズ・パッカーとマグナ。ただ、マグナは有力候補としては下の方らしく、媒体によっては名前が載っていない。
しかし、クルマ業界とは縁の無さそうな人が買って大丈夫なものなのかね。
ちなみにこの人、ムーンレイカー(Wikipedia)で宇宙に置いてけぼりにされた悪役・ジョーズにちょっと似てる。

MG production to restart at Longbridge(AUTOCAR)

前途が見えない英国クルマメーカーの話題をもう一つ。
MGの本拠地、ロングブリッジ工場の取り扱いが南京汽車より発表された。
当初の発表とは異なり、右ハンドルTF用の最終組み立てのみ行うという大縮小。
本当に名前だけ欲しかったんだね、って事か。

« つまりラモス監督の扱いがマズかった、と | トップページ | そういえば金属臭すらしなかった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/13736396

この記事へのトラックバック一覧です: ボンドカーの座は守れるか:

« つまりラモス監督の扱いがマズかった、と | トップページ | そういえば金属臭すらしなかった »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト