« 砂糖をまぶしたパス | トップページ | バルサvsSCインテル写真あれこれ »

2006/12/18

バルセロナvsインテルナシオナル

バルセロナ敗れる インテルナシオナルがクラブ世界一の栄冠!(スポナビ)

行って参りました。
FIFA謹製のホッカイロも戴きました。(168.0K)

デコの素晴らしいミドルもあった。モッタに替わってシャビ投入後は
「これぞバルサ」
という華麗な攻撃もあった。
最後の数分数秒まで勝負を諦めない姿勢も見せてくれた。
でも負けた。

おっと、これはあくまでバルサ側の視点で見た場合の話。
インテルナシオナルにしてみれば、前半はそこそこ攻撃的に後半はあわよくば、がハマった。
後半15分過ぎくらいから攻め急ぎ始めていたバルサの裏を付いたカウンター。
前半からザンブロッタを振り回していたイアルレイがスピーディなドリブルでプジョルを振り切って見事なアシスト。
そもそも、ザンブロッタが手を焼いていた選手をベレッチがどうこう出来るわけ(ゴール前でコケた)が、、いや、その辺のリスクは込み込みでの采配か。モッタに替えてシャビ、ってことからも。

試合前の記者会見では
「ロナウジーニョにマンマークを付けるようなみっともない真似はしない」
と言い切っていたブラガ監督だけれども、それは「誰かを張り付ける真似はしない」ってだけで、実際には常に誰かがロナウジーニョを視野に入れた守備をして、見事にマークを受け渡していた。

大会最優秀選手(デコ)はイアルレイでいい気もしたけれど、まあ色々あるんでしょう。
実際、ロナウジーニョは抑えられ、グジョンセンはボールを持つと早々に潰され、「華麗なる中盤」の一角ではないモッタが攻撃の組み立て面ではあんまり計算出来ない中、イニエスタと必死に「バルサらしい中盤」を組み立てていたからなあ。

帰りの電車の中でとなりの兄ちゃんにボロクソ言われていたグジョンセンだけど、元々1トップ向けFWじゃないしなあ。
3トップの両サイドがプレッシャーを嫌ってサイドに開いちゃう、けれども「最強」であるが故に1トップFWが相手から受けるプレスが尋常でないチームでは、エトーとかドログバ級の「ネタ系寸前のびっくりフィジカル」が無いとレベルに見合わないのかも知れませんな。

バルサが負けると観客の半分くらいはぞろぞろと帰り始めていたけれど、せっかくだから表彰式まで観た。
何の因果か政治的圧力か個人賞がバルサに集中してしまい、みんな揃ってにこりともせずにトロフィーを受領。銀メダルなんか表彰台から降りると同時にみんな外してたぞ。マルケスなんか振り回したりいじくり回したりとひどい扱い(笑)。

ところでイアルレイ、年齢的(32)にもJに呼ぶのに丁度いい気がしますが、如何でしょう、鹿島。

« 砂糖をまぶしたパス | トップページ | バルサvsSCインテル写真あれこれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/13106565

この記事へのトラックバック一覧です: バルセロナvsインテルナシオナル:

» バルサ惜敗 クラブW杯 インテルナシオナルが世界一【ナイキ サッカースパイク・・・】 [ナイキ サッカースパイク@レビューどっとコム]
 こんにちは!ナイキ サッカースパイク@レビューどっとコム管理人のNIKE@BAKAです!サッカーの6大陸連盟のクラブ王者が世界一を争うトヨタ・クラブワールドカップ(W杯)最終日は17日、横浜・日産スタジアムに約6万70... [続きを読む]

« 砂糖をまぶしたパス | トップページ | バルサvsSCインテル写真あれこれ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト