« 初めてJ-Popってジャンル分けされた曲は? | トップページ | 浦和vs甲府(TV観戦) »

2006/11/23

草津vs神戸(TV観戦)

2006 J2 第50節 草津 vs 神戸(群馬陸)(J'sGOAL)

「草津を苦手とするチーム」がいるなんて、負けが混んでいる昨今では信じられない話ではあるけれど、事実なんだから仕方ない。
地元紙のスポーツ欄でも「神戸に2勝しているチームは横浜FCと柏と草津だけ」という記録を根拠に淡い期待を寄せていた。

そんな地元紙も含めて各媒体のゲーム展開予想は「タコツボ戦法の草津に波状攻撃を仕掛ける神戸」いうもので、もちろん自分もその予想に一口乗っていた。
実際ゲームが始まると、神戸は前線からのチェイシングで草津にボールを繋がせず、奪ったボールはさっさとシュートで終わらせる。
中盤を制圧された草津はDFラインでボールを奪っても展開のしようがなく、ドンと前へ蹴り出すだけ。「太田のアタマを狙って」というならまだしも、闇雲なクリアに近い放り込み。
「こりゃ厳しいね」
と思っているうちにあっさり神戸が先制。
ところが先制後、徐々に島田がボールを触る機会が増え始める。
神戸がわざと動きを止めたのか、ポジショニング上、島田を抑える人員がはっきりしなかったのかは分からなかったが、柏の岡山ですら「島田(だけ)はヤバい」と認めている選手を自由にするのは如何なものか。
もっとも島田と「感じ合う」選手は高田くらいってのが草津の悩める点なんだけど。

気が付けば「仕掛ける草津を跳ね返す神戸」という予想とは逆の展開に。
後半になると神戸は選手の足が止まってしまい、ぽっかり空いたスペースを草津攻撃陣に使われ始め、左サイドバックの寺田にドンピシャリのクロスを許してしまい失点。
同点にされた後の神戸は守備も相手を引っかけるような形が増えてしまい、ジャッジの拙さも手伝って試合が荒れだす。

終わってみるとドローだったが、この試合内容でよしとする神戸サポは少ないと思う。
特にセットプレーの守備。毎回島田が同じコースにボールを蹴りこんで、毎回ピンチになっていたので、あからさまに要改善。
草津は、、、あれだけ攻め込んで、セットプレーでも島田が前述のとおりにヤバいボールを繰り出していたんだからもう1点くらい欲しかったよなあ。

« 初めてJ-Popってジャンル分けされた曲は? | トップページ | 浦和vs甲府(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/12795010

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs神戸(TV観戦):

« 初めてJ-Popってジャンル分けされた曲は? | トップページ | 浦和vs甲府(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト