« ミニバンとコペン売ってこれ買うか | トップページ | ナビスコ決勝2006(楽観するな・番外編) »

2006/11/01

部品共用化の泣き所?

FF車用6速オートマチック・トランスミッションを新開発(Jatoco)

ジャトコからFF車用6速ATが登場。
関係する会社はそれぞれ日産がキャシュカイ、三菱自が北米向けのアウトランダー、ルノーがディーゼル仕様のセニックとグランセニックに搭載するそうな。
FF車向け6速ATは既にアイシンが実現していて、主にドイツ車勢に採用されているが、なぜか親玉のトヨタは3代目エスティマまで搭載しなかった。(他にはマツダがMPVのターボチャージャー版と4WD版で搭載)
コスト面の問題か、FR用8速ATの登場を待っていたのか、トルコンATの分際で結構ワイルドに繋がってしまうことから、トヨタ的には「完成度が低い」という事だったのか。アベンシスなんてキャラ的にしっくりくるのに。

しかし、FR用6速ATを持つアイシンはともかく、ジャトコのFR用ATは5速しかない。ということは、シーマやフーガは5速ATでセレナやティアナが6速ATという逆転現象が生じてしまう可能性が出てきたわけで、多段であればあるほど偉い、とは単純に言えないものの、購買者にとってはカタログの字面上あんまり嬉しくない話。

FR車を持たないルノーから「先にFF用ATを多段化してくれ」という要請(圧力?)があったのかな。
そうするとメガーヌのスポーティテイスト版に搭載されそうだなあ。それならそれでいいか、個人的には。

« ミニバンとコペン売ってこれ買うか | トップページ | ナビスコ決勝2006(楽観するな・番外編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/12508935

この記事へのトラックバック一覧です: 部品共用化の泣き所?:

« ミニバンとコペン売ってこれ買うか | トップページ | ナビスコ決勝2006(楽観するな・番外編) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト