« 10ベスト=特別賞にする? | トップページ | キングJ1再参入決定 »

2006/11/26

F東京vs浦和(TV観戦)

2006 J1 第33節 F東京 vs 浦和(味スタ)(J'sGOAL)

2006 J1 第33節 G大阪 vs 京都(万博)(J'sGOAL)

勝った方がいい試合を落とした浦和→気分は灰色
勝たなきゃいけない試合を勝ったG大阪→気分は薔薇色一歩手前
勝たなきゃ後がない京都→気分は真っ暗

京都を除くとそれぞれの陰影が原色一歩手前で終わった第33節。
浦和は前半圧倒され、後半開始直後にチャンスを得る(ゴール前FK)という前節と同じような展開に恵まれたものの、色々と考えすぎたのか蹴るまでに2分を要したこのFKはGKの正面を付いてしまう。
このFKはある意味今日の浦和攻撃陣を象徴していた感じで、自慢の「3人だけでシュートに持ち込める」ワシントン、山田、ポンテそれぞれのプレーが今ひとつ歯切れが悪かった。シュートしても力が入りすぎていたり、パス出しまでにいつもより時間がかかっていたり。
更にサイドをF東京に制圧された事も相まって、普段以上にワシントンにボールが入らない。仕方なく精力的にチェイシングを始めて局面打開に努めるワシントンだったが、これで攻撃のリズムが変わってしまったようで、危険なエリアまでボールが届かなくなってしまう。

対してF東京は全員が攻守にわたって足を止めないムービングサッカー。
解説の原前監督に「いつもそれくらい動けよ」と言われていた馬場を始めとして、次世代の日本サッカーを担うかも知れない人材達が躍動。
やっぱり「高速部隊相手にネネ」というシチュエーションに持ち込まれると厳しいなあ、浦和。
F東京のサイド攻撃に泣き所があったとしたら「サイドからクロスを上げても高さではそうそう敵わない」ということか。

結局「浦和の時間帯」と呼べるのは後半開始直後から15分間くらい。
あれだけ攻め込まれながら無失点に終わらせたところに、浦和の底力を底の底まで感じさせてくれたが、ディフェンスラインよりも中盤で相手のミスを見逃さない鈴木啓&長谷部の献身が光っていた。ただMVPは山岸でしょうな。あの反射力がなければ3失点くらいしていたと思う。

ところで三都主out、相馬inという交替の場合、浦和にとっては守備固めなのか?
相馬が守備要員とも思えないから「減ったタイヤを交換」したって事なのかなあ。

んで、
「まあ、すっきりしないながらも優勝かな」
とG大阪vs京都にチャンネルを変えたら、ロスタイムでノーガードの打ち合い中。
京都にもチャンスがあったけど、相手をPA内でフリーにしなかったG大阪とフリーにした京都の差が出たか。マグノのシュートを見てるだけだったしなあ、京都。

« 10ベスト=特別賞にする? | トップページ | キングJ1再参入決定 »

コメント

浦和サポの「ゆう」といいます。
たまたま発見させてもらったので書き込みさせていただいております。

今日の試合は優勝の可能性の方が高いという油断して見ていた自分が情けないです(汗)

いつもの様に「絶対勝たなくてはいけない試合」という感じで見れば。。。

次節、5点差以上で負けない限り優勝というかなり優位な立場ですが、勝ってこその優勝という思いで観戦したいと思います。

よろしければ私のブログにもコメントお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/12830923

この記事へのトラックバック一覧です: F東京vs浦和(TV観戦):

« 10ベスト=特別賞にする? | トップページ | キングJ1再参入決定 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト