« 部品共用化の泣き所? | トップページ | 間抜けなシンクロニシティ »

2006/11/03

ナビスコ決勝2006(楽観するな・番外編)

2006 ヤマザキナビスコカップ 決勝 鹿島 vs 千葉(国立)(J'sGOAL)

リーグ戦4連敗中の鹿島、その鹿島に完勝した後、大宮に惨敗した千葉。
そんな両チームの雰囲気が現れたのか、お互いに慎重に立ち上がった前半。
両チームとも中盤ではボールを繋がせない事が最優先事項になり、攻撃はもっぱらサイドから。
そんな状況下の中で光ったのは千葉の両サイド。とくに久々先発の水野がハマった。

前半30分頃に父オシム監督が厳しい目つきでピッチを見下ろすシーンが映った。
「ライオンは千尋の谷に我が子を突き落とし、這い上がってきた子のみを育てる」
という諺がよく似合う人だなあ、という画。
試合後の感想で千葉に対するコメントを求められて、
「ナビスコカップ以外のタイトルを欲しいと思って欲しい」
なんて答えを返してしまうところなんかもイメージどおりかな。
最近はよゐこの濱口にその仕草を真似されたりしているが。

そんな父オシムの至言として
「1人でドリブルの練習をしたいのなら、そこら辺の公園でしてこい」
というのがあるが、そんな彼の手の中から村井、そして今回MVPに選ばれた水野なんて個性的なドリブラーが育ったりするんだから、断片的な発言からだけでその人の方針を捉えてはいけない、という訳ですな。一個前の総理大臣は断片的な発言だけで支持率取ったりしていたが。

しかし水野キレてたなあ。
鹿島の左サイドバックっていたっけ? と思わされたくらい。
ファビオ・サントスの持ち味は攻撃だからしようがない部分があるとはいえ、水野が90分間走れてしまった、ってのはアウトゥオリ監督には結構誤算だったかも。

そんなアウトゥオリ監督は、後半始まってしばらく鹿島が主導権を握っていた時間帯に本山を用意していた。千葉の選手はやや慌て始めていて、ミスパスを繰り返しては相手にボールを渡す、という事を繰り返していただけに、
「この状況で本山投入で一気に攻め込まれたら千葉は苦しいかな」
と思ったが、千葉GK岡本が思いきった飛び出しで相手カウンターの芽を摘むと、徐々に千葉が主導権を奪い返し始め、いつの間にか本山は引っ込んでいた。

そのファン・デルサル(2006FIFAワールドカップ)ばりの飛び出しでチームに流れを引き寄せた岡本。
リーグの鹿島戦では本家ファン・デルサルもたまにみせる
「飛び出してゴール前をがら空きにしてピンチを招く」
というミスをかましていたが、今回は完璧な守備を見せた。
鹿島が主導権を握っていた時間帯には、焦りからミスを生む味方DFを尻目に落ち着き払ったプレーを披露。さっき書いたが挙げ句の果てにハーフウェイライン付近で相手の流れを切ってしまうというGKにはあるまじきというか、トータルフットボールというかなプレーを見せるなど、「こんなの今年の9月まで暖めておけるほど千葉はGK王国だったっけ」と言いたくなるくらいにハイレベルのプレーを90分間に渡って保ち、優勝に大きく貢献。まさしく影のMVP。

水野、岡本に限らず、味方がボールを持つときりもみ状態で前へ特攻する佐藤勇、負傷したハースに変わって登場し残り時間を駆け抜けた坂本、「走るサッカー」の申し子ぶりを発揮した羽生と、千葉は個々の選手が持ち味を発揮していた感じで、発揮出来ずにしばらく苦しんでいたのは、ボールを持つとマーク相手だった深井に加えて野沢、青木にまで取り囲まれていた阿部(決定的なミスを2度ほど)と、相変わらず今ひとつ調子が上がらない巻くらい。
阿部は後半千葉が流れを取り戻し、鹿島の陣形が間延びし始めると、機を捉えては前へ顔を出すようになっていたが。

フジの佐野アナウンサーはサッカー好きなのか戦術論が好きなようで、解説の清水秀彦相手にいろいろ守備論とかを語っていたが、「阿部が上がらない」ということを話題にし始めた直後に阿部が一気に上がっていったのが意趣返しみたいで面白かった(1-2で抜け出すもシュートは決まらず)。
普段から千葉を見ている諸兄はご存じのように、阿部はそんなにゴール前へ顔を出す選手じゃないけどね。

鹿島は個人で目立っていたのが、サイド突破だけでなく中央への斬り込みを頻繁に見せて得点に絡もうと奮闘した新井場と、ヤバいボールを辛抱強く跳ね返し続けた岩政、大岩のCBコンビ。
攻撃型の選手は散発的に目立つってな感じで、最近の得点力不足を証明する格好になってしまった。
体調が完全でないはずの野沢が自陣深くまで阿部を追っかけていったことを考えても、中盤の選手が守備に力を割きすぎたのかな。アレックス・ミネイロが目立った時間帯=鹿島の時間帯みたいになってたし。
こういう攻守のバランス感覚が「経験の差」って事かも知れないが、それでもカウンターやロングボール攻撃になると一気に相手を危機に陥れるというのが、「世代交代してもチームカラーは変わらない」って感じで面白かった、、、あ、アウトゥオリ監督は「がっちり固めてカウンター」で有名だったんだっけ。

2点を立て続けに取った後の千葉は、もう1人ドリブラー(工藤)を投入し、ボールキープに勤しみ始める。
黄金時代の鹿島に似たようなプレーで煮え湯を飲まされ続けた他サポは、さぞかし溜飲が下がったのでは。
2点獲られた直後に鹿島は一気に3人替えていたが、どうにかするにはあまりに時間がないというのに逆にしばらくチームが混乱してしまったようで、この交替策は冴えなかったと言わざるを得ない。
ロスタイムの最後の最後に選手交代が効き始めるも、阿部にクロスを弾き返され、新井場のシュートも岡本が弾いて無失点に抑えるなど、最後まで集中力を切らさなかった千葉の完勝。

試合後の表彰式でリラックスしきった表情を見せた千葉の面々を見ると、鹿島はこの試合に賭けすぎていたのかなあ、という気がちょっとした。
「世界一」のアウトゥオリ監督が、ナビスコ決勝くらいでプレッシャーに潰されるとは思わなかったが、3日連続の非公開練習といい、タイミングのずれた選手交替策といい、どうやら「必死すぎ」状態に陥っていたらしい。
勝負事で平静を保つってのはどんな手練れでも難しいということなのか。

試合中は高い高い集中力を見せつけていた千葉も、この1戦で燃え尽きたりしないか、今後のリーグ戦、天皇杯がちょっと心配。水野は「この後も試合は続くので、、、」みたいな発言はしていたが。

そして中継が終わると父オシム監督のロングインタビュー(録画)。
「へ? なんで?」
と思いつつ最後まで見た。
動く父オシムを長々見るのも久しぶり。
文頭の方で書いた「よゐこ濱口の物まね」は「あごを突き出してちょっと肩をすくめる」だけなんだが、確かにそう仕草はよくするなあ。

« 部品共用化の泣き所? | トップページ | 間抜けなシンクロニシティ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/12540500

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ決勝2006(楽観するな・番外編):

« 部品共用化の泣き所? | トップページ | 間抜けなシンクロニシティ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト