« サイボーグらしく乾いた幕切れ | トップページ | えっ、こっちじゃないの?(by ソルベルグ) »

2006/10/26

楽観するな(どこに当たろうがゴールはゴール編)

【U-21日本代表 vs U-21中国代表】本日の試合結果(J'sGOAL)

中国の選手は中盤でオラッとボールを奪い、オラオラとサイドを駆け上がる。
これがなかなかの迫力で、ショルダーチャージくらいじゃ倒れない。
しかしここでボールを足から離してパスを出してしまうと、迫力半減。
早い話プレー精度が低いので、相手の意表を突く攻撃がほとんど無い。
前線の誰かがマルセイユルーレットを披露していたが、回転半径がえらく大きいのには笑った。

とはいうものの、この力業でそれなりにチャンスが作れてしまっていたから、フィジカルに優れるガーナ代表をまとめ上げたドゥイコビッチ監督にこのチームを託した事は正解なんだろう。もっとも就任4日目くらいだったらしいから、まだ選手を選択している段階だろうけど。7人の交替枠を使い切っていたくらいだし。

日本は帰国後あまりポジティブな報道をされていなかった平山が期待を大きく裏切らない程度に活躍してくれたのが幸いして、前半は中国守備陣を翻弄。
やっぱりあの高さと懐の深さは財産ですなあ。お陰で攻撃陣の動きが前回よりも滑らか。先制点もその高さを活かして、影に潜り込んだ梶山がゲット。

ただ、後半になって中国が前線の人数を増やしてラッシュをかけると、選手個々に余裕が無くなったようで視野の広いプレーが減り、狭いところに突っ込んで奪われてというシーンが続出。人は動くがボールが動かなくなる。

中国の無骨な攻撃はいいトレーニングになるなあ、と思いながら見ていたが、無失点で凌いだのだから慶賀の至り。西川の落ち着き払ったプレーは頼もしい。
その後、中国側の足が止まったり、交替しまくりで個人攻撃への偏重ぶりがはげしくなったりで、じりじりと日本が主導権を取り戻し、右(増田だったか?)からのクロスを平山が強引に押し込んで追加点。
その後、守備の連携ミスから危ないシーンを2度ほど作られたが、中国のミスに助けられた。

しかし平山、やっぱり使いやすい選手だなあ。

« サイボーグらしく乾いた幕切れ | トップページ | えっ、こっちじゃないの?(by ソルベルグ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/12432151

この記事へのトラックバック一覧です: 楽観するな(どこに当たろうがゴールはゴール編):

« サイボーグらしく乾いた幕切れ | トップページ | えっ、こっちじゃないの?(by ソルベルグ) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト