« おさらいしてみて分かった事 | トップページ | 楽観するな(どこに当たろうがゴールはゴール編) »

2006/10/24

サイボーグらしく乾いた幕切れ

さよなら、シューマッハ 7度のワールドチャンピオンがF1を去る日(F1Live.com)

エドソン・アランテス・ド・ナシメントまで登場して盛り上げようとしたシューマッハのラストラン。

にもかかわらずアンチクライマックスな幕切れに終わった決勝は、「客を感動させるために走っている訳じゃない」とばかりにひたすら勝ち続け、勝ち続ける事で周囲の声(中にはまっとうな「声」もあったろうが)を封じ込め、ドラマを構築しづらいキャラクターであり続けたターミネーターにふさわしいものだったと言えるかも知れない。

ところでターミネーターの決めぜりふは「I'll be back」。
そんな訳で、早くもシューマッハに「back」の声がかかっているとか。

アウディ、シューマッハに復帰を打診 契約金は15億円(F1Live.com)

将来はアウディF1を率いてBack?

« おさらいしてみて分かった事 | トップページ | 楽観するな(どこに当たろうがゴールはゴール編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/12397095

この記事へのトラックバック一覧です: サイボーグらしく乾いた幕切れ:

« おさらいしてみて分かった事 | トップページ | 楽観するな(どこに当たろうがゴールはゴール編) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト