« 日本グランプリ2006動画(予選) | トップページ | 鹿島vs千葉(TV観戦) »

2006/10/12

楽観するな(次は野犬捕獲用に岡野を準備編)

日本、播戸と中村憲の得点で快勝(スポナビ)

インド名物照明切れに加えて犬の乱入にも恵まれた代表戦。
前半はボコボコのピッチを嫌ってか、浮き球中心のパス回し。
グラウンダーでのパス回し比ゆったりしてしまうそんな展開に加えて、悠久の時を刻む国の代表は浮き球を奪ってカウンター、なんてせせこましい真似はしないので、45分がいつも以上に長く感じる前半だった。

そんな中でも“らしさ”を発揮していたのが播戸。
ラインの裏に走り込んだり、混戦の中からこぼれ球をシュートしたりと、クラブで見せるプレーをそのまま適用。代表初ゴールとなった1点目も巻のシュートを拾ったもの。2点目は三都主のクロスを「とにかく撃たなきゃ入らんやろ」的泥臭ヘディングで奪取。「クラブでのプレーが認められたから呼ばれたんだろ」という主張のこもった数々のプレーは「代表とはどのような場なのか」ということを改めて思い出させてくれた。
そんな彼を先発起用した、ってのはひょっとしたらオシム監督から選手に送ったメッセージだったのかも。

後半になるといくらかプレーが速くなったが、どちらかというと「サウジは同じ相手に6点獲ってる」ということがプレッシャーにでもなったのか、焦れて攻め急ぐという自滅傾向。今の日本代表に「プレーメーカー」って呼べる選手は遠藤(今回離脱)しかいないということを痛感させられる一本調子の攻撃。
反面守備面の集中力が途切れて自陣ゴール付近までボールを持ち込まれる事が増えてしまう。
負傷した水本に替わって入った長谷部が今ひとつフィットしなかったのも誤算。
川口、阿部、鈴木啓の落ち着き払った守備ブロックだけで守っていた感じ。

そんな悪い流れを断ち切ったのが中村憲剛の美しいミドルシュート。
その後は壊れかけた試合をある程度修復したものの、犬の乱入で敵味方共に気持ちが試合から離れたところで時間切れ。

プレーメーカーがいないってことはオシム監督も先刻承知とは思うけれど、現時点では「オートマティズムの徹底」を主眼としてチーム作りを勧めて、ある程度出来上がった時点で日本1-2-3位のプレーメーカー、俊輔or松井or小笠原orまだ見ぬ新鋭を組み込むつもりでいるのかも知れないな。

« 日本グランプリ2006動画(予選) | トップページ | 鹿島vs千葉(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/12249500

この記事へのトラックバック一覧です: 楽観するな(次は野犬捕獲用に岡野を準備編):

» サッカー インド vs 日本 [デザイナーの野望 〜【革命】]
AFCアジアカップ2007予選・グループA第5戦 インド vs 日本の試合。 最 [続きを読む]

» 【大人用】日本×インド レポート/【クイズ】インドがW杯断った? [おもしろサッカーアルゼンチン]
AFCアジアカップ2007予選・グループA第5節 (現地時間11日 インド・バンガロール スリ・カンテラワ・スタジアム) 日本 3-0 インド 今回、日本に特別素晴らしいプレー、選手はいませんでした。しいて言えば、鈴木と播戸ですね。 播戸は2得点しました。1点目は、... [続きを読む]

» 中村憲、Wクラスのシュート!! [たなぼた]
昨夜、敵地で行われたサッカー・アジアカップ予選の対インド戦。 グランドもひどいし [続きを読む]

« 日本グランプリ2006動画(予選) | トップページ | 鹿島vs千葉(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト