« ラリージャパン2006動画(SS5・パウセカムイA) | トップページ | A3のAT・完結編(多分) »

2006/09/11

帝国の終幕

ミハエル シューマッハ 今季限りでの引退を発表(F1Racing.jp)

皇帝がついに引退。
個人的にはこのドライバーのキャリアを開始から終焉まで眺める事が出来たのは幸運だったんだろうな、と思う。

しかし感動というものに素直になれない自分が涙の引退記者会見を眺めながら思い出したのはゲルハルト・ベルガーのラストシーズン。
最後の勝利となったドイツGPはポールトゥウィンでなおかつファステストラップもゲットと、高速コースが得意だった彼らしいものだったが、勝因を聞かれて
「(蓄膿症の手術をして)呼吸が楽になったから」
としれっと答え、ラストシーズンである事を感づいて感動フレーズを期待していた報道陣をずっこけさせた。

ああいう「速いのに脱力系」「本気7割、余裕3割」っていうドライバーって今いないよな。速ければ周りがシリアスに結果を求める世界になったからなあ。遅ければ脱力系のままで放っておかれるけど。

でもベルガーの場合、同じ脱力系だったネルソン・ピケと違って世渡りは結構上手い、って点が喰えないところなんだが。

« ラリージャパン2006動画(SS5・パウセカムイA) | トップページ | A3のAT・完結編(多分) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/11849920

この記事へのトラックバック一覧です: 帝国の終幕:

« ラリージャパン2006動画(SS5・パウセカムイA) | トップページ | A3のAT・完結編(多分) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト