« ラリージャパン2006動画(北愛国SP・初日の夜) | トップページ | ラリージャパン2006動画(SS14・シピリカキムB) »

2006/09/20

対クラウン・マジェスタ最終兵器

すげ〜、元セルシオのサイト
大トヨタのサイトなのにレスポンスが重い。
それだけアクセスが集中しているってことなんだろう。

苦戦しているレクサスラインアップの中で元ソアラが結構売り上げを伸ばした、なんて報道を呼んだが、非日常な感じがトヨタっぽくなくて、ディーラーの対応にも相応しい感じがしてイイのかも知れない。

で、元セルシオ。でかさといい8段ATといい、割と雰囲気非日常。
非日常的な商売をされている方々の覚えもめでたいと感じる面構え。
だから、レクサスのイメージに添う商売をするとしたら、これからは元セルシオと元ソアラだけ売るのがいいと思う。

そんな「前車を煽るのに最適なクルマ」と「その愛人に似合うクルマ」の他にラインアップが欲しいなら、元アリストや元アルテッツァといったセダンよりも、MINI対抗プレミアムBセグメント車を投入する方が日本の市場に合ってる気がする。もちろんヴィッツ派生車なんてセコい真似は無しで。

« ラリージャパン2006動画(北愛国SP・初日の夜) | トップページ | ラリージャパン2006動画(SS14・シピリカキムB) »

コメント

> ヴィッツ派生車なんてセコい真似は無しで。

コンセプトは、ローレルスピリットですね (^_^;

冗談はともかく、カムリベースのESのようなモデルがヴィッツベースであれば、確かに面白いでしょうね。
日本ではイマイチでも、欧州向けには意外と効くかも。

でも、幅だけ3ナンバーになっちゃいそう。

コメントありがとうございます。

ローレルスピリット、、、あ〜、高いサニーですね。w

個人的にはアウディA2をイメージしてみたんですが、、、。ダイハツとのコラボでイケるんじゃないかな、と思うんですけどね。

「ダイハツ」がプレミアム戦略上のネックになるかも知れませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/11964631

この記事へのトラックバック一覧です: 対クラウン・マジェスタ最終兵器:

« ラリージャパン2006動画(北愛国SP・初日の夜) | トップページ | ラリージャパン2006動画(SS14・シピリカキムB) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト