« 川崎vs磐田(TV観戦) | トップページ | ラリージャパン2006動画(北愛国SP・初日の夜) »

2006/09/18

BZN-200使用雑感

(67.1KB)

ダッシュボード全体を俯瞰した場合(72.2K)
(端っこに見えているアンテナはETCのもの)

- Broadzone - 迷WAN:BZN-200(Broadzone)

メモリーカードナビ(ポータブルカーナビのススメ)

最近のカーナビはAV機能の充実は素晴らしいものがあるが、レーダー機能は付かないね。国交省や警察庁やらが色々絡んでくるだけに難しいのかな。ナビとレーダーとETCが全部くっついた製品で15万円くらいなら買うんだけど。

個人的になんだかんだでアウディ純正iPod接続キットを取りつけてしまったので、カーナビに対する要求レベルががくんと下がった。(←他に要求がなかったのか)
「大体あってりゃいい」
という東スポ的内容でも道案内役が務まると考えれば、この手の「トイナビ(とかいう呼び名もあるらしい)」も視野に入ってくる。

というわけでBZN-200を購入。
こいつを選んだ条件は、バイクで使う事も視野に入っている製品だから。
価格コムの口コミでは
「GPS性能はまずまず、道案内機能はキツい、アップデート出来るのは最高」
というそれってカーナビではないのでは的結論に落ち着きつつあるが、生まれつきの方向音痴である自分としては現在地すら判らないこともあるので、まあなんかの役に立つだろう、安いし、取付料もかからないし、小さい機械って嫌いじゃないし、海の向こうではアフターパーツとしてはこの手のナビが主流(asahi.com)だそうだから輸入車に相応しいだろう、といい事づくめのように思えたわけで。
買った時は51000円台だったから、今頃は50000円をぎりぎり切るくらいか。

取付手順の写真でも載せようかと思ったが、あまりに簡単だったので載せる意味がない。取付場所をフクピカ風ウェットティッシュで拭いた後に両面テープで取付台を貼り付けておしまい。他社のポータブルナビ(長いのでPnaviと省略)と違って本体重量が軽いので「取りつけた後24時間安静に」という強烈な接着テープでなくても大丈夫らしい。実際、操作の時に本体や取付台がぐらつくような事はなかった。時間経過と共にどうなるかは判らないけれど、心配ならもっと強力なテープで補強してもいいだろう。

操作に対する反応速度は上々。さすがSDカード。
画面上でクルマがあらぬ方向を向いていたが、これは方向を感知するジャイロユニットが無いから。走り出したらちゃんと走行方向が上になった。
60kmほど走行したが、特に画面が停まってしまう事もなく、木の枝で上空が遮られる(GPS補足がちょっと難しくなる)山道を走っても道から外れる事もなく、拍子抜けするくらい普通に扱えてしまった。いっちょまえに右左折専用レーンの案内までするし。
確かに「現在地が判ればいいよ」という使い方なら不満は出ない。
誰憚る事無い方向音痴の分際で、面白そうだけどクルマじゃ躊躇しちゃうような山道を見つける度にバイクで分け入ってしまう自分のためのようなナビかも知れない。

道案内は確かにキツい。
今のところ(ベータ2)丁目までの検索しか対応していないので、見知らぬ人の家に行く必要のある仕事には使えない(運送とか営業とか)。
サーバをダウンさせたアップデータ(ベータ3)では地番まで検索出来るようになったそうなので、その辺は解消されているのかな。
もっとも画面が小さいので、詳細な住宅地図が表示されたら視力の低い人には辛いだろう。
それと長距離検索が出来ない。東京から青森にでも愛車でスキーツアーに、、、とかいう場合は途中のSAかPAで目的地を入れ直す必要がある。
用意された検索条件も貧しいものがあり、観光に使う場合はるるぶ辺りの地図で目的地が何て町にあるか、近くにどんなランドマークがあるかとかを調べてから入力しないと使えない。
電話番号検索も出来ない。メーカーサイトのQ&Aによると「データ容量の問題」という回答があるので1GBのSDカードで対応するかも。
ただコインパーキング(Times24)の情報があるのはいいね。
それとこれは機能以外の面だけれど、あまりにちっぽけなので「ちょっとした気の迷いで」かっぱらうのに罪悪感が湧かないかも知れない。クルマを離れる時は取り外した方が良さそう。幸い取付同様取り外しも簡単だから。

まあ、それは判ってはいたこと。アップデートでどこまで進化するのか、という期待込みで買ったわけだから。というか、これが出来なければ買わなかったよな。
カーナビ専用組込OSって訳じゃないから可能性は大きそう。タイかどっかの高官をBMW7シリーズに閉じこめたことで悪名高いWindowsCEではあるけれど。

もちろん地図データのアップデートは無償じゃないだろうが、これまでのナビデータと違って差分だけで済みそうだから数千円台に収まるんじゃないだろうか。パソコン用地図ソフトのアップデータはそんなもんだし。

パナソニックもSDカードの規格開発元なんだから「カーナビで再生するデジタルコンテンツ用」なんて言ってないで作ればいいのに、メモリカードナビ。

続編

« 川崎vs磐田(TV観戦) | トップページ | ラリージャパン2006動画(北愛国SP・初日の夜) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/11949713

この記事へのトラックバック一覧です: BZN-200使用雑感:

« 川崎vs磐田(TV観戦) | トップページ | ラリージャパン2006動画(北愛国SP・初日の夜) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト