« 祝鈴木啓太選出 | トップページ | 潔すぎる選択肢 »

2006/08/09

中国vs日本(楽観するな・前史)

浸透しつつあるメッセージ
U−21中国代表対U−21日本代表
(スポナビ)

まだチームとして集まって1週間しか経ってないU21代表。
これでジェフ千葉並みのチームプレーを完遂させられるならアブラモビッチが札束を満載したタンカーとともに反町監督を引き抜きにくるだろう、多分。
そんなわけで、楽観以前にそれほどの期待を抱くことも無く観戦。

自分も大部分の日本人と同じく中国代表はアジアカップ決勝のA代表を最後に見ていないが、あのときの代表はサイドをワイドに使いすぎて一向に中央にボールが戻ってこないチームだった。
今回のU21代表もサイドを使うのは相変わらず。
全体的に荒削りでパワフルという印象も2年前のA代表と共通。
ただ、相手のプレスをよけながら中盤でパスを回す、なんてプレーができるようになっているところに強化の跡が見えた。
とはいうものの、攻撃速度をギアチェンジする人材が不在なのは相変わらずで、攻撃のバリエーションが少なく、意表をつくプレーも無い、基本的には一本調子の攻撃。
要するに相手に攻撃パターンを読み切られると得点するのが厳しいチームで、先制点奪取が至上命題。
だから前半終わりくらいに決定的なシュートを防いだ西川は、そのプレーだけでもMOMモノという見方もできる。
逆に中国側も自身の弱点は心得ていたようで、後半開始直後の猛ラッシュはホームだから、というだけでなく必要に迫られてという部分も大きかったと思う。

対する日本側は、青山敏が相手からカニ挟みを喰らった形になって負傷退場した後は腰が引けてしまった感じで押し込まれっ放し。
ただ替わって入った本田拓が文字どおりの怪我の功名で、怖じ気づくこと無く進んで汚れ仕事を敢行。
おかげでチームは崩れることなく「相手はこのペースを続けることはできないだろう」という各々の選手の冷静な読みを後半の逆襲に繋げることができた。

後半は前述のとおり開始直後に中国が猛ラッシュ。
しかしそれを5分ばかりしのいだ直後に日本側にショット・オン・ゴールのシュートが生まれる。
これでそれまでお互いの距離感がつかめずに「来てほしいところに人が来ない」攻撃が突如としてスムーズに回り始めるんだから、サッカーってのは面白い。
日本の先取点は前半は守備に負われていた梶山がタメて、抜け出してきた枝村に右足アウトサイドでパス。受けた枝村のクロスを相手ディフェンダーの死角から飛び込んだ本田圭がヘディングでゴールしたもの。
プロ公式戦初のヘディングゴールだったという本田圭はともかく、梶山と枝村の持ち味が出た攻撃だった。
2点目は増田のテクニックから。
PA内で落ち着き払って相手DFを交わし、ゴールを割ってみせた。
さすが公式戦初出場初ゴールを決めた男。
梶山のタメに対してもそうだったが、中国の守備陣は一度リズムを狂わされると「あれっ?」って感じでその後どうするか迷ってしまうようで、この辺はまだ発展途上ってことなんでしょうな。

2点を決められた後の中国は攻撃も守備も全般的に注意力散漫になってしまい、終盤に与えられたプレゼントフリーキックも生かすことができずそのままホイッスル。
日本側の冷静さが目立った試合だった。

んで総括っぽいことを書くと、さすがにまだ反町ジャパンとしての形はできていない。
前半は完全にお互い手探りでプレーの擦り合わせを行っていた感じ。特に守備面では1対1ではフィジカル面で厳しいと集団で囲みに行って必要以上に1カ所に人が集まってしまい、それを交わされてピンチを招くというシーンが多く見られた。
それでも体力面で上回る相手を完全アウェーで0点に抑えたのは大きい。
楽観せずに期待しましょう。

ところで、体格面で厳しいならスピードで、といった感じの面々を前線に取り揃えたやや極端な反町采配は、新潟という一筋縄では残留が難しいクラブを長く率いた経験から来たものかなあ、という気がちょっとした。

(8/10・タイトルを訂正)

« 祝鈴木啓太選出 | トップページ | 潔すぎる選択肢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/11345755

この記事へのトラックバック一覧です: 中国vs日本(楽観するな・前史):

« 祝鈴木啓太選出 | トップページ | 潔すぎる選択肢 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト