« あのクルマは今 | トップページ | 嵐の前の静けさ、なら言う事無いんだが »

2006/08/21

千葉vsF東京(TV観戦)

2006 J1 第18節 千葉 vs F東京(フクアリ)(J'sGOAL)

「本物の東京を見せてやる」という気合い十分のF東京と「ついに俺たちの時代が来た」と誇り十分の千葉の戦い、という事でひょっとしたらとても面白い試合になるのではないか、と期待しつつ観戦。

確かに面白かったが、お互いの守備面でのアラが目立つ試合でもあったりして。

東京は中盤で守備に回る人材が浅利くらいしかいない縦へ縦への特攻サッカー。
「おお、これぞ東京」という期待どおり。それが故に梶山のチェンジ・オブ・ペースが効果的。でも、ボールを奪われるとほとんどの場合DFラインまで素通しになっちゃうんだよな。相手がミスしない限り。

千葉側は父オシムがオプションにしていた「阿部のDF(たまに坂本と入れ替わる)&佐藤勇の1ボランチ」をデフォルト化。「攻撃サッカー」を更に推し進めた「超攻撃サッカー」。ベンチにもDF登録選手は結城しかいない。
でも元々千葉の「走り」はF東京とはちょっと違って、走る事でパスコースを網の目のように張り巡らして主導権を握る目指せトータルフットボール。

今まではその下がり目の中心に阿部がいたわけで(上がり目の中心はハース)、父オシム時代も彼がリベロとか任されると途端に千葉の中盤は落ち着きが無くなってパスが繋がらなくなっていた。それに彼がある程度後ろを意識したプレーをするからこそ佐藤勇の上がりが生きる、ってのもあったしね。

佐藤勇の献身的な動きと羽生の援護射撃で今まではなんとかなっていたみたいだけれど、今日は肝心の佐藤勇が負傷退場。その後はF東京に2点目を献上した際、
「ああ、もうちょっと梶山に寄せないと」
と思わされた中島浩の1ボランチ。
こいつは厳しいかも、と思ったら、案の定お互いの中盤はスカスカでミスするたびにあっという間にピンチになるという出入りの激しい展開へ。

F東京は元々そういうプレーをするチームでもあったから、これはもう東京の展開。
縦の突撃にうってつけの人材には事欠かないし。
対する千葉は焦って繋いで奪われて突撃されての連続。
羽生のゴールが奇跡みたいに決まったが、基本的にゲームは東京のものだった。

子オシム監督は1点リードの展開で結城を投入しようとしたらしい。誰に替えてかは今となっては分からないので何とも言えないけれど、クルプニコビッチが引っ込んだところを見ると多分彼と替えるつもりだったんだろう。で、阿部を前に上げるつもりだったんじゃないだろうか。いずれにしても子オシム采配を見てちょっとだけ感じている
「選手交代のタイミングが遅い気がする」
が今回も適用された、という事か。

F東京の方は理想の結果。石川、梶山と目立って欲しい選手が目立ったし。
今のところは「上位喰い」系のチームではあると思うけど。

« あのクルマは今 | トップページ | 嵐の前の静けさ、なら言う事無いんだが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/11534660

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉vsF東京(TV観戦):

« あのクルマは今 | トップページ | 嵐の前の静けさ、なら言う事無いんだが »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト