« A3 2.0 FSIのATシフトショックに関する素人の考察 | トップページ | 次はコンサ戦でも »

2006/08/17

日本vsイエメン(楽観するな・旅路の始まり)

日本、2−0でイエメンを下す 阿部と佐藤寿がゴール(スポナビ)

Jで最も安定した浦和組の守備ブロックと自らの哲学を熟知した千葉組、前監督最大の遺産かも知れないサイドバック。
前回の試合と同じく、奇をてらう事のない選手選定と先発フォーメーション。
ちょっとサプライズな感じがあるのは遠藤の右サイドか。
お陰でセルジヲから
「ボランチが多すぎる」
と言われる事になってしまったが。

W杯アジア地区予選が終わった後は親善試合、W杯本大会、そしてこの間のトリニダード・トバゴ戦と日本と同レベルかそれ以上という相手との試合が続いたので、9人以上で守られる試合も久々。
下手すると11人全員が自陣に閉じこもってしまう相手を打開しようと選手達は色々考えたようだが、お陰で走る方がお留守。
とはいうものの、手をこまねいてただただボールを回していた訳じゃない事は、撃ちも撃ったり30本(約)のシュート数が証明している。
イエメンのGKと諦めずに足を伸ばしてくるDFと悪運を誉めるべきか。

オシムイズムの伝道者扱いを受けた阿部&巻だけれど、実は千葉勢の中では走り回る方じゃないんだよなあ、と思っていたら後半にオシム語録の1つ
「走りすぎて死ぬ事はない」
を体現する2人のうちの1人・羽生が登場(もう1人は呼ばれなかったけど坂本)。
結果的にファールにはなったけれど、相手に奪われたボールを奪い返すべく素早く方向転換して絡んでいくプレーを見て
「それそれ、それだよ」
と膝を打った千葉サポは多数いたと思われる。

彼の献身的な動きで日本の攻撃はやや活性化。
ただでさえ一方的だった試合は、イエメンの選手に
「サッカーって面白いか?」
と聞きたくなるくらいに日本側が敵陣を蹂躙。お陰で田中達が2度もペナルティエリア前でつっころばされていた。

これで点が入らないんだからサッカーってのは不思議。
ミドルシュートが少なかったから、、、でも、「繋いでいけ」って指示があったらしいしな。
イエメン側の足が最後まで止まらなかったから、、、良く休んでたしなあ、倒れて。
でもお陰で日本も休めたけど。

結局、ゴールはセットプレーから。
両方とも巻の動きに相手DFが釣られてのものだっただけに、ある意味期待どおりの巻仕事。

結論としては
「勝ったから良かった」
かな。
ガチ守る相手を流麗なパス回しで崩して、、、なんて真似が出来るほどのチームには流石にまだなっていない模様。
しかし、このイエメン相手にサウジは良く4点も取れたよな。アラブ勢同士は手が合うんだろうか。

« A3 2.0 FSIのATシフトショックに関する素人の考察 | トップページ | 次はコンサ戦でも »

コメント

何かの間違いで(?)もっと早く先制できていれば、4~5点くらいは取れたんだと思います。暑さとか連戦疲れ、それにイエメンが超守備的だったこともあったのでしょうが、もう少し縦に速い攻撃が見たかったです。

コメントありがとうございます。

フラストレーションのたまる試合ではありましたが、イエメンの意地が「公式戦」のなんたるかを思い出させてくれた気もします。

W杯が終わったばかりなのに名将をゲット、てなことでやっぱりちょっと多幸症入ってたんだなあ、自分。

選手達がそういう心理だったのかは分かりませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/11472672

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsイエメン(楽観するな・旅路の始まり):

« A3 2.0 FSIのATシフトショックに関する素人の考察 | トップページ | 次はコンサ戦でも »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト