« 潔すぎる選択肢 | トップページ | 正しくアフターパーツの道へ »

2006/08/10

日本vsトリニダード・トバゴ(楽観するな・序章)

オシムジャパン、初戦を2−0の勝利で飾る(スポナビ)

仕事を抜けられずに職場で付けっぱなしになっていたテレビを横目で見る形で観戦。
なので単なる印象批評。
お前の文章が印象批評以上のものだったことがあるか、という突っ込みはこの際置いておく。

スポナビからの携帯メールでスターティング・メンバーを知った時は
「流石オシム」
と膝を叩いたというよりも
「なるほど」
と納得させられた。
別に通を気取っている訳じゃなく、普通にJをチェックしている人なら誰でも似たような感想を抱くと思う。

ただ試合が始まってみると「流石」。
トリニダード・トバゴがムキになって攻めたり守ったりしてこないという状況ではあったものの、監督が考えるサッカーがおぼろげながら実現されていた。
つ〜か、千葉でたまにやってた「攻撃的2バックサッカー」でしたな。

例え準備期間が短かくても各々の選手に何をどうして欲しいか、ということを浸透させ、モチベートし、実行させる。
考えてみれば「監督業」を生業とする人ならある程度は出来て当たり前の仕事なんだけれど、「明日の試合は風任せ」な代表を4年にわたって見せられてきただけに、必要以上に感動してしまった。
呼んだ選手をほぼ全員使い切ってしまう点も「流石」だよなあ。

トリニダード・トバゴ側を印象批評すると
「速い!」
ドワイト・ヨークがいれば2、3点獲られてたかも。
であるからして「楽観するな」を改めて肝に銘じておこう。

しかし新代表監督のお披露目として日韓W杯が終わった直後に行われ、オールスター戦並の緩さで試合が進められた4年前のジャマイカ戦と比較すると、落差は凄いものがあった。
ただ、あのときは日本全体が多幸症状対にあっただけにジーコの責任とばかりは言えないが。

責任問題といえばこれか。
今週は休日出勤予定だから、暇つぶしに週刊文春買っておこう。

川淵会長辞任求めてデモ ファン150人が試合後(スポナビ)

川渕会長にレッドカードを(川渕会長にレッドカードを!)

しかしシンプルで良くできたホームページだなあ。

« 潔すぎる選択肢 | トップページ | 正しくアフターパーツの道へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/11361978

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsトリニダード・トバゴ(楽観するな・序章):

» 初戦は三都主2ゴールで日本が制す [ブログ らぷぽ]
ROAD TO WORLD CUP  キリン・チャレンジカップ(東京・国立競技場) 日本2vs0トリニダード・トバゴ やりました!! トリニダード・トバゴがどういうメンバーであったにせよ、日本の新生オシムジャパンの... [続きを読む]

« 潔すぎる選択肢 | トップページ | 正しくアフターパーツの道へ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト