« 片仮名だから大丈夫? | トップページ | クルマ買い換え前編 »

2006/07/23

川崎vs浦和(TV観戦)

2006 J1 第14節 川崎F vs 浦和(J's GOAL)

川崎の誇るマーシャルアーティスト系ディフェンダーに対して、ブッフバルトがぶつけてきたのは前節に引き続いて田中達也の1トップ。
怪我上がりの田中達也にはタフな仕事という感じもしたが、オシム監督の言う
「日本人の取り柄は敏捷性」
というのをわざわざ証明するようなキャスティングにも見えて面白かった。結果もそうなったし。
実際に浦和攻撃陣のお膳立ても、パスもクロスも低めで足下、と田中達の特長を生かした形。それもチーム事情に迫られて嫌々ではなく、喜々として田中達のためにそういうプレーをしている感じで、やはり衆目の一致する現ミスター・レッズは田中達なんだろうな。
「ワシントンのバックアッパー」である筈の黒部を差し置いて彼が続けて起用されたのもその証明なんだと思う。

んで、前節鹿島を退けたにも関わらず「正念場」と言われ続けた川崎。
確かにチーム構築途中の鹿島よりも、J最強の守備陣を擁する浦和戦の方が「正念場」としてのステージは上か。
そして川崎攻撃陣はそのステージをクリア出来なかった。

1つ目の攻撃のストロングポイント・ジュニーニョは、前節で浦和守備陣が似たような高い個力を誇る新潟のエジミウソンにしてやられたことで気合いを入れ直してしまったのか、ほぼ封殺。
そして、もう1つのストロングポイント、ダブルボランチの攻撃参加も不発。元々中盤は人数面で不利である上、ポンテと被ることなく自由自在に動き回る小野や長谷部に手を焼いて、山田暢の退場を生かし切れなかった。後半にスピードのあるサイドプレーヤー相馬をわざわざセンターに投入したブッフバルトの采配も相手の嫌がる点を上手く突いていたと思う。

そうなると上背のあるDFが攻撃参加出来るセットプレーに賭けるしかなくなるのが今の川崎なんだと思うが、最近の浦和はセットプレーからの失点が少ない上、試合を仕切る柏原主審がゴール前のファールをなかなか取らないというイレギュラー要素も加わってこちらも不発。
後半終わりの川崎猛攻シーンも、あれだけ攻めて本当に危ないシーンは3回くらいだったんだから、これはもう浦和の貫禄勝ち。

今の川崎は浦和守備陣を崩すには攻撃のストロングポイントがまだちょっと足りなかった、ということか。

ただ、去年はジュニーニョくらいしかなかったストロングポイントに「中村と谷口」という要素も加わっているんだから、川崎がスケールアップしている事は間違いないと思う。だから今シーズンの終わりくらいにはもう1つか2つストロングポイントが加わるのかも知れない。それが実現すれば優勝は確かに夢じゃないよな。

さて川崎の次の「正念場」は対G大阪戦。
今度試されるのは「守備力」ってことになるのかな。特にサイドの。
もっとも去年から定評のある部分ではあるから、今回ほど力の差を見せつけられる事はないと思うけど。

ところで、我那覇がストロングポイントであるのかないのかはちょっぴり微妙。8得点中5得点は最初の2節で稼いでるからなあ。まあ、机上の理屈で言えば彼がいるからダブルボランチの上がりが生きて来るんだろうけれど、この辺の判断が付けにくいのがテレビ観戦の限界か。

« 片仮名だから大丈夫? | トップページ | クルマ買い換え前編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/11063123

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎vs浦和(TV観戦) :

« 片仮名だから大丈夫? | トップページ | クルマ買い換え前編 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト