« ハノーバーPVのビーチサッカー場にて | トップページ | オシムとのコラボを見たかった »

2006/07/02

自業自得の狭き門

「日本人は身体がちっちゃいから世界じゃ厳しいです。仕事面ではこれからもよろしく」
という一言を残して前代表監督が軽やかに日本から立ち去ってから早1週間。
この逃げ足と同じくらいの速さで協会と各報道は今回の結果を忘れることにしたようで、オシムオシムの大合唱。

もちろんオシム監督が日本でサッカー監督という職に就いているというだけで、拝みたくなる偉大な方である事に一片の間違いはないものの、欧州各国リーグともシーズンオフというだけでなく各国代表監督が次々と退任するこの時期に、何でわざわざ国内クラブに迷惑をかける必要があるのか、という気もする。
韓国がヒディングやアドフォカートを呼べてる事から考えても
「アジア地区代表に欧州での実績を持つ監督は来ない」
という事はないだろうし。

多分、キャプテン(だけじゃなく協会関係者の一部)にはファルカンやトルシエといった「日本の事を知らない癖にこっちの言う事を聞いてくれない人材」に対するアレルギーがあるんだろう。
そして困った事にこのアレルギー「日本の事を知らない癖に」という部分に重きが置かれている模様。
前回の「ジーコでいいんじゃない? by キャプテン」という選考結果にしても、相変わらずベンゲルに拘っている事にしても、そう考えると理解出来る。

もちろん「日本の事をよく知っている人材、出来れば欧州で監督実績のある人」なんて難しすぎる条件でわざわざ選考基準を狭める必要なんて無い、と思うから納得は出来ないけど。

ただオシム監督が上記基準を完璧に満たす人材である事に間違いはないので、代表監督になったらなったで上手くいくとは思う。
願わくばオシム退任後に
「キャプテンの意向を汲んでくれる」
という実現不可能な条件が選考基準に上積みされてなければいいが。

と、ネガティブ風味なことを書いてはみたが、オシム日本代表監督が誕生すれば向こう4年間はオシム采配を楽しめるわけで、それはそれで楽しみ、というのも本音。

« ハノーバーPVのビーチサッカー場にて | トップページ | オシムとのコラボを見たかった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/10765798

この記事へのトラックバック一覧です: 自業自得の狭き門:

« ハノーバーPVのビーチサッカー場にて | トップページ | オシムとのコラボを見たかった »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト