« 勝敗より気になる事 | トップページ | 「弱者連合」って見方も出来る »

2006/05/13

日本vsスコットランド(TV観戦)

ジーコジャパン、国内最終戦は0−0の引き分け(スポナビ)

玉田はよいプレーヤーだと思う。
俊輔、松井が倒れたらサウスポーのチャンスメーカーとして重宝するだろう。
結局、柏でも名古屋でも
「得点を獲れるかも知れないチャンスメーカー」
みたいな役回りを割り振られてきたせいか、試合終盤に投入された巻、佐藤寿の後ろに控えると妙に輝きを増していた。
逆に2トップの片割れとしてストライカー役を任されていた時間帯は、どうしても左に流れてしまうので上がってくる三都主の邪魔をするか、下がりすぎて久保を孤立させるかのどちらか。お陰で三都主はやたら内に切れ込んでいた。

その三都主は実はそんなに悪くなかったりする。
守備面で痛いのはもう仕方がない。
小野や小笠原がえらい勢いで飛んでいってフォローしていたが、そういう風に補っていくんだろう。中澤ですら世界規格のDFとは言い難い日本代表が「みんなで守る」のは不自然な話じゃないし。
攻撃時には日本のDFラインが高く保たれている事も幸いして、上がっていく回数も多かった。でも来ないんだなあ、ボールが。加地と違って「奪って上がる」がほとんどないプレーヤーだけにボールが来ないのは辛い。

腰を痛めて以降の久保は柳沢とか高原みたいな多彩な位置取りを武器にしているので、1トップは厳しい。
今日は1トップじゃなかったはずだが、玉田がMFみたいな動きをするのでそうなってしまった。
中澤、福西と同じく「上背がある」のが貴重な資質の1つなら巻でも務まってしまう。そしてボコボコにされてもむっくりと立ち上がってくるタフネスを期待するなら巻に軍配が上がってしまう。
巻がスタメン、相手守備陣が疲れる頃合いを見計らって久保を途中投入って方が活かせると思うんだが。

中盤から後ろは良かった。小野は他のMFの協力もあって生き生きとしていたし。逆に言うと「誰にでも合わせられる」小笠原&福西の貴重さが際立った気もするが。

スコットランドが攻撃時に「放り込こんで」こなかったのにも助けられた。目端の利くゲームメーカーがいないスコットランド中盤は2本以上のパスが繋がらないので、あとはドリブル。それも「撃つぞ撃つぞ」という気配を漂わせながらじゃなく、ただ突進。なんでブルガリアが5失点もしたのかよく判らないな。

ところで西部謙司が
「ワールドカップってのは1ヶ月だけ強ければいい、予選ってのはただ勝てばいい」
と74年のオランダとか02年のブラジルを例に挙げて語っていた。
74年の「時計仕掛けのオレンジ」は本大会直前にスポーティングディレクターになったリヌス・ミケルスがアヤックス勢を中心にいきなり作り上げただけで、緻密に構成されたものではなかったそうな。02年のブラジルも監督のフェリペが「3R(ロナウド・リバウド・ロナウジーニョ)はアルゼンチンの3トップをパクった」ってぶっちゃけてるし。

まあ、オランダもブラジルも既に高い実績がある選手ばかりだったので比較するのは辛いかも知れないが、分かったような顔をしてネガティブな予想をするのは好きじゃない自分としては、そんな「予想もしなかった化学反応」が起こるのを見るのも観戦の楽しみの1つではある。
それが日本代表に起きたら最高なんだが、まあ他のチームであっても楽しみといえば楽しみ。
コンフェデの加地なんかモロにそうだったしな。

という訳で未だ「評価に困るチーム」であり続けるジーコジャパンではあるものの、全体評価は「仕事」が終わるまで保留するしかないよな、やっぱり。
スポーツ紙&オヤジ向け週刊誌を中心としたマスコミとセルジオはこの結果を色々腐すだろうが、その方がウケるだろうからこれは仕方がない。それも仕事だ。

« 勝敗より気になる事 | トップページ | 「弱者連合」って見方も出来る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/10051953

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsスコットランド(TV観戦):

« 勝敗より気になる事 | トップページ | 「弱者連合」って見方も出来る »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト