« 怪我の功名、、、かも | トップページ | 国“歌”集と呼ぶには厳しい »

2006/05/06

新潟vs清水短評(TV観戦)

ゲームサマリー・2006 J1 第12節 新潟 vs 清水(新潟ス)(J's GOAL)

新潟は鈴木淳監督の下、新たにパス&ポジションレスサッカーを志向している、とシーズン序盤にサッカー関係報道で読んだ記憶があるが、今日の試合を見る限り反町監督時代とそんなに印象は変わらない。
中盤守備が多少厚くなったかな、くらいで基本的には高い位置からのプレスで奪い、サイドに振ってクロス、またはサイドの選手が切れ込んでシュート。

というか、途中、中盤での繋ぎを諦めてサイドに振るようになったら新潟の時間帯が訪れた。
だから、前半戦清水が比較的優位に試合を勧めているように見えたのは、パスサッカーをさせたら清水に一日の長がある、という事を示していたんだろう。
実際狭いところへのチャレンジングなパスをさせると、清水の各選手のテクニックが光る。対する新潟はそこまでのクオリティがない。
まだ理想と現実の摺り合わせが済んでいないってことなんだろうが、それでもよりどころになるサッカーが確立されている点が新潟の利点か。シーズン通して大崩れしないチームってのはこういうものなんだろうな。前監督の遺産を無理に壊さずにいる監督の忍耐力も誉めるべきなんだろうが。

清水は新潟が試合中にモデルチェンジ(元に戻した)したことに対応しきれなかった感じか。それにしても4失点するとはなあ。

« 怪我の功名、、、かも | トップページ | 国“歌”集と呼ぶには厳しい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9931530

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟vs清水短評(TV観戦):

« 怪我の功名、、、かも | トップページ | 国“歌”集と呼ぶには厳しい »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト