« 日本vsスコットランド(TV観戦) | トップページ | その男を育てたのはクロアチア人 »

2006/05/14

「弱者連合」って見方も出来る

Appleブランド「iPod携帯」はソフトバンクとの共同開発との報道(ITmedia)

アップルがソフトバンクと携帯電話で提携?--広報は「ノーコメント」(CNET Japan)

番号ポータビリティ制度(総務省)導入前夜に「ウリ」を増やすべくソフトバンクが動いたらしい。
ボーダフォンに関して言えば
「海外でも使えるのがウリだが、国内では都市部でしか使えない」
という状況を解消する方が先だと思うが。

名前が挙げられている「Rokr」(CNET Japan)が今ひとつだったのは、単に「しょぼいiPod機能が付いたケータイ」だったからではあるものの、考えてみればiPod自体にiTMSから曲をダウンロードする機能が無いので、今回噂される携帯がダウンロード販売に対応するというのなら「iTunes携帯」と呼ぶのが正しいのではないかなという気がする。

そうなれば焦点はやはり
「携帯でダウンロードした曲はPCにコピー出来るのか」
という点か。
これがクリア出来なければダウンロード出来ない方がマシだと思う。

ところでRokrはiPod機能が完全に分離されていて着うたにも使えなかった。
噂の携帯がダウンロード販売に対応しないとしても、これをクリアするだけでウリになるとは思う。つ〜か、一々携帯のボタンをプチプチ押して着うたを探すより、iTunesからコピー出来る方が楽なんじゃないだろうか。著作権関係が絡んでくるのかどうか分からないけれど、ダメというならiPodのアラームで好きな曲を選択出来る機能もアウトなんじゃないのか。「持ち主に注意を与える」機能って点では似たようなものだと思うが。

「米国本社が何をやっているかは知らない」byアップルコンピュータ
って回答は昔からのお約束。
じゃあ誰が交渉しているんだ、ってことになるが、今日本にあるアップル関係の会社はそれぞれが米国本社各部門の極東出張所みたいな扱いを受けているようなので、Apple本社の携帯部門が交渉窓口でしょうな。iTMSもそうだったみたいだし。そういう部門があるのかどうかは知らないけれど。

ところでこのロイター報道をいち早く伝えた日経新聞の傘下にいるテレ東「ワールド・ビジネス・サテライト」によると、iTMS-Jは期待ほどの売り上げを上げていないんだとか。アップルの財務諸表を一々チェックなんかしていない一般ユーザーとしては「へ〜」ではある。

« 日本vsスコットランド(TV観戦) | トップページ | その男を育てたのはクロアチア人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/10070440

この記事へのトラックバック一覧です: 「弱者連合」って見方も出来る:

« 日本vsスコットランド(TV観戦) | トップページ | その男を育てたのはクロアチア人 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト