« 「弱者連合」って見方も出来る | トップページ | マック追悼(法要に向けて) »

2006/05/16

その男を育てたのはクロアチア人

2006FIFAワールドカップ ドイツ 日本代表メンバー(日本サッカー協会)

W杯登録メンバー発表  ジーコ監督会見(スポナビ)

これで本当に最後の「ジーコ式選手選考」。
色々言われては来たが、今回の人選も基本的には今までの選考基準
1 欧州のクラブに所属しているか
2 Jリーグ所属であれば、J1クラブで絶対のレギュラーか
3 代表に貢献してきたか
4 リーグである程度長期間にわたって活躍したか
5 自分に逆らう事はなさそうか
を貫いている感じ。

久保のターニングポイントはアメリカ戦だったんだろうな、という気がする。
この時に何の因縁かクロアチア人ーイビチャ・オシムに鍛え上げられた巻が代役として使える事が判明してしまった。
しかも久保自身の体力はまだ以前のレベルには戻っていないようで、クラブでも汚れ役は大島の仕事だった。
「代表への貢献度」をかなり重要視するジーコにしてみると、一次予選突破の大功労者を外すのは難しい決断だったと思うが、久保に期待されていた「どんなにボコられてもトップに張り続ける」仕事を確実にこなせる人材が別に見つかってしまった以上、
「久保の体調が戻るかも知れない」
という確率不明のギャンブルに挑戦する必要は無くなったと判断した訳か。
実際、
「キリンカップの直前にはもう決めていた、確信出来たのはスコットランド戦の後」
という言葉は、ブルガリア戦直前に久保はまた故障し、その試合で巻は得点した、だから腹を括れたんだ、という意味なんだろうな。
もっとも「トップに張れる」人材を巻1人しか選ばなかったところを見ると、1トップに固定するつもりは無いのかも。

個人的にサプライズだったのは中田浩二。
サプライズというか「なるほど」。
「攻撃時の武器は正確なロングフィード」という彼なので中盤の底でじっとしていられる。福西、稲本も含めて上がりたがりのジーコジャパン中盤勢にいそうでいない人材。ロングフィード得意なら阿部もいたが、阿部と違ってサウスポーなので左サイドバックをやらされる事が結構多いというユーティリティ性が買われたんだろう。
記者会見では
「どのポジションでもこなせる人材を選んだ」
と語っているが、実際に複数ポジションを計算できるのは彼くらいだろうな。
守備固めで三都主を引っ込めて中田浩なんて、分かり易すぎる采配が目に浮かぶ。
でも、前回W杯のトルコ戦で先制点を与えるきっかけを作っちゃったのは彼なんだが。

もう1つのサプライズは玉田か。
ジーコの考える「貢献度」にもヒエラルキーはあるようで、アジアカップのような大きなイベントでゴールを決めるとかなり後々まで効力はあるようだ。
コンフェデでは大黒が出てくるまでに相手を疲れさせておく要員、としか見えなかったが。

そんな訳で声援を送る23人が決定した。
個人的には巻と中田浩の選出で
「惰性で選んだ訳じゃない」
という感じはするので、あとはリーグで見せてくれているプレーをそのまま見せて貰えれば満足かな。

« 「弱者連合」って見方も出来る | トップページ | マック追悼(法要に向けて) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/10090821

この記事へのトラックバック一覧です: その男を育てたのはクロアチア人:

» 釈然としない久保落選・・ [ongakuな日々 calcioな時]
久保がまさかの落選で、けがでここの所試合にも出ていない柳沢はメンバー入り。そんな [続きを読む]

« 「弱者連合」って見方も出来る | トップページ | マック追悼(法要に向けて) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト