« 浦和vs鹿島ごくごく短評(TV観戦) | トップページ | トヨタ陥落(ってほどでもない) »

2006/05/08

5人抜きは永遠です。

wsdnet.com

今更だが、今号のWSDって結構凄い気がする。

巻頭ではカルロス・ビラルドが86年メキシコ大会の回想を寄稿。自分のチェックが甘いだけかも知れないが、ビラルドの文章って初めて読んだ。アルゼンチンでなら苦もなく読めるんだろうが、日本の媒体に向けての文章ってとこに価値がある。
隣のページではエメ・ジャケが98年大会を振り返っていて、これはインタビューを元に構成したものだが、彼のジダンに対する接し方がマラドーナに対するビラルドの接し方と正反対だったというのが面白い。
各人の性格に即した接し方という点では一緒だけれど。

あとは各強豪国の元代表選手に
「今回のW杯で最も活躍しそうな母国の選手は誰か?」
ってお題で語らせる特集を組んでいるんだが、その顔触れが渋い。
ジャン・ピエール・パパンだのテリー・ブッチャーだのパオロ・ロッシだのといったオールド・ファンが随喜の涙を流しそうな人選。
テリー・ブッチャーが86年メキシコ大会を振り返って、
「わたしにできたのは背番号10(マラドーナ)を目で追いかける事だけだった」
と語っているのが泣ける。
まあ、ドゥンガっていうお約束もあるけれど。

で、とどめはプラティニへのインタビュー、という具合になだれ込む、、、でも、このインタビュー、質問テーマがあっちこっちに飛んでいって内容が散漫になっているのが惜しいところ。

そんな訳で、W杯はNHKで夜中の衛星中継を見てましたって世代向けに仕上がったWSD。これははっきり言って買い。あとはクライフのインタビューがあれば完璧だったかな。

« 浦和vs鹿島ごくごく短評(TV観戦) | トップページ | トヨタ陥落(ってほどでもない) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9955228

この記事へのトラックバック一覧です: 5人抜きは永遠です。:

» 元英代表テリー・ブッチャーが予測!W杯の王者は? [地球の裏から見るW杯2006]
テリー・ブッチャーといえば、1980年代にイングランド代表として活躍した名選手。往年のサッカー・ファンならご存知の方も多... [続きを読む]

« 浦和vs鹿島ごくごく短評(TV観戦) | トップページ | トヨタ陥落(ってほどでもない) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト