« 他人事ながら誉めたくなるクルマ | トップページ | CMにレースカー出せばいいのに »

2006/04/16

磐田vs広島(TV観戦)

ゲームサマリー・2006 J1 第8節 磐田 vs 広島(ヤマハ)(J'sGOAL)

前半はCB田中誠がセンターサークル付近に陣取ってしまうくらいに磐田が圧倒。往年のN-BOXを思わせるポジションレスサッカーは、広島の選手にボールの行方を追うだけで精一杯にさせていた。
残念ながらこの勢いは前半25分辺りを過ぎた当たりで影を潜め、誰がどこにいるか分かるサッカーに戻ってしまい、結局ミスの応酬でたまたまボールが繋がった方が勝ち、という試合になってしまったが。

ただ組織論的に見ると面白かった。
山本監督は、リーグが始まってシステムというか組織が疲弊している事実に気が付いて、フォーメーションだけでなく各々のポジションの役割にも修正を加えたのだという。
何を今更、と部外者が言うのは簡単だが、栄華を誇ったチームならではの「疲弊」だったのかなあ、と思った次第。

「世界クラブ選手権でレアル・マドリーを倒す」事を目的に高度に組織されたN-BOX、その後多少の修正は加わったものの、脂の載ったドゥンガ・チルドレン達が織りなすポジションレスサッカーは「トータルフットボールってこういう事だったのかなあ」と前回ドイツW杯を見ていない者に思わせてくれた。

ところがこの「高度に組織化された」っていうところが曲者で、後から加わった者には居場所がないサッカーだったとも言える。
以前、西が「真ん中でやりたい」とフロントに訴えたら「じゃあ、FWで高原の替わりやれ」と言われ、結局出来ずにサイドプレーヤーに戻ったということがあったが、今にして思えばこの辺りが動脈硬化の兆しだったのかも知れない。

西は優れたドリブラーだが、高原じゃない。
しかし高度に組織化されていた磐田では、誰かの替わりに入った者が前任者と全く同じように振る舞ってくれないと、そこで動きが停滞してしまうという弊害があった。
結局、この時はグラウの活躍もあって、西がネタ系として扱われただけだったが、その後に磐田に加入した新人たちが伸び悩んでいたことがこの弊害をよく表していたと思う。
組織は高度、しかし個々の力は否応なしに衰えていく、それではと衰え始めたベテランの替わりに新人を同じポジションで起用したとしても、周囲の役割に変更がなければその新人は前任者のクローンでもない限り組織の中で浮きまくるだけだ。
要するに成岡に対して「君は名波と同じポジションだから、全く同じ動きをしてくれ」と注文していたようなものだった。
まあ、成岡が伸び悩んだのは怪我もあったけど。

新人に限らず後任者が異物のままにチーム内で取り残されれば、新陳代謝ではなく、単に組織のグレードを下げているだけになってしまう。
「俺は俺だし」と開き直って、自分なりのプレーをして前任者を上回る実績を残す者が「大物」と呼ばれるんだろうが、そういうプレーヤーはそんなにいないから「大物」なわけで。

結局、「新陳代謝」を目的の1つとしていた山本監督の下で伸びた新人は2人。太田とカレン・ロバート。
カレンは最近2年目のジンクスにはまっているようだが、太田は伸び伸びとプレーしている。
そして太田がなんでフィットしたかというと、たまたま前任者のサイドプレーヤー・西にプレーが似ていたから、という事なんだと思う。

組織を大きく変更しないままに新陳代謝を図るなら「あいつ似てる」と思った選手を大枚叩いて連れてくるのが一番手っ取り早い。が、これが出来るのは浦和とG大阪と横浜FMと名古屋くらいだろう。後は金の草鞋を履いて世界中を探し回るしかない。

去年の磐田が大型補強を敢行したのは、外から連れてきた選手でとりあえず結果を残しつつ、育成も図るという意図だったんだと思うが上手くいかなかった。
その間にも組織の疲弊は進み(個々の力が衰えていくんだから当たり前)、しかも相手には研究されつくされている。

ここでどう判断するかが、山本監督だけでなく磐田というチームの今後を占う分かれ目で、首脳陣が下した判断は、
「組織をグレードアップするための補強は事実上失敗した。ならばもう小手先だけの組織改革は止め、選手をこれまでの役割から解き放とう」
というものだった。

そして今日、その成果の一端を垣間見る事が出来た。
トップ下から飛び出していく成岡を見て、本来こういう選手だったんだなあ、とか。
左サイドにサイド職人じゃない船谷を置いてどんどん内に斬り込ませていく起用法を見て、そういえば山本監督は最近の言葉で言えばマルチロール系の選手の方が好きだったなあ、とか。

となると、新生山本磐田は今年がスタートと言えるのかも知れない。
色々物議を醸し出してきた「山本采配」の本当の姿を見られるのはこれからか。
移籍の決断がちょっとだけ早かったかもね、河村。

ただ、この改革は守備的選手に衰えが来ていなかったから出来たんだろうなあ、と思う。獲って正解は川口だけだった、という事か。村井は相変わらず内で勝負しないし。

更にこの改革は「手持ちの駒、生え抜きを活かす」方向で行われているようなので、、磐田が「メガクラブ」への道を諦めた、ということも表しているんだと思う。
先に挙げたクラブと同じ財政規模があれば「名波の後任? (指を何本か立てて)こんだけ出すから森崎浩でも引っ張ってきな、ん? 何? 馬鹿、億だよ億」が出来たろうし。

そうそう森崎浩は今日の広島の救いだった。彼だけが「前へチャレンジする」ボールを配給していたな。それに服部か駒野が絡めばもう間違いなくチャンスになるんだが、今日は主力選手がほとんどいなかったからなあ。
磐田と違って流れが全部悪い方向に向いているようなので、中断期間まで耐えるしかないか。

« 他人事ながら誉めたくなるクルマ | トップページ | CMにレースカー出せばいいのに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9623776

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田vs広島(TV観戦):

« 他人事ながら誉めたくなるクルマ | トップページ | CMにレースカー出せばいいのに »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト