« 草津vs横浜FC | トップページ | リビングデッドTV »

2006/04/23

甲府vs横浜FM(TV観戦)

ゲームサマリー・2006 J1 第9節 甲府 vs 横浜FM(小瀬)(J's GOAL)

甲府の試合を見た事のある方なら想像出来るとおりの試合運びに、横浜FMがハメられた結果。

甲府は長谷川の替わりに石原が入った以外はいつもどおりのメンバー。
奥とマグロンが帰ってきてベストメンバーが戻りつつある横浜は、左からドゥトラ、中澤、松田、田中隼の4バックを採用。相手の3トップを警戒しての事か、栗原vsバレーに不安があったのか。
後者なのかもなあ、ということはボランチにまたもや河合を採用していることが示唆している。今までだったら守備固めボランチは那須だろうけど。
その前にマグロンを置き、左に平野、右に奥というダイヤモンド型の中盤。
FWは汗かき大島、王様久保のツインタワー。

横浜は攻撃面でも守備面でも、この中盤を採用した事が裏目に出た格好。
選手間の距離がやや長くなったことで、時たま出る悪癖
「足下へのまったりパス」
が、全員守備の甲府にことごとくインターセプトされて、攻撃に連動性が生まれないうえ、中盤守備は後手に回る。
また両サイド、奥と平野が田中隼とドゥトラの上がりを引き出そうとしても、上がったスペースに躊躇無く甲府のウイングやサイドバックが突撃していくので、後ろが気になって思い切りのいい上がりがなかなか生まれない。
後半になって奥、平野といった今回のフォーメーションのキーとなる人材を替えてから試合の主導権を握ったのは、「相手に合わせた」事が失敗だったという事だったんだろう。

対する甲府はさっきも書いたがいつもどおり。
のんびりしたパスはことごとくかっさらい、バレーがフリーなら素早くクロスかロングフィード、ダメでも単独突破、または縦へのチャレンジパス。
「頭脳」林健太郎以外は足を止める事のほとんど無い、見ていて実に楽しいサッカーなのは相変わらず。
松田を上げてパワープレイに出た横浜の裏を付くバレーの得点が決まったのも美しい終わり方と言えるか。
W杯を控えたこの時期に、これで中澤が更なるスランプに陥ってしまうと痛し痒しだが。

甲府が今までの初参入組と違うのは「スタイル」が出来ている事、、、と言いたいところだが、エンゲルスが指揮を執っていた時期の京都にもスタイルがあった。
そして、このスタイルは天皇杯を制した翌年にキーマンとなる人材がいなくなったら一気に崩れてしまった。
あの時点でのエンゲルスの限界、という事もあったろうが、実績のあるクラブと違って「生え抜きの実力者」を担保にした漸進的な世代交代が出来ないという、これといった歴史のないクラブならではの苦しさとも言えた。
オシム監督が偉いと言われる事の1つはそういった「実力者」を放出しても、チームに一定のクオリティをもたらすからで、そういう意味ではバレーや宇留野が引き抜かれるかも知れない来季、それに限らずキーマンが故障か何かで離脱した時が大木監督の勝負時なんだろうな。

4/24・文末をちょっとだけ訂正。

« 草津vs横浜FC | トップページ | リビングデッドTV »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9729306

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府vs横浜FM(TV観戦):

« 草津vs横浜FC | トップページ | リビングデッドTV »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト