« マカオで大冒険か。 | トップページ | 甲府vs横浜FM(TV観戦) »

2006/04/22

草津vs横浜FC

ゲームサマリー・2006 J2 第11節 草津 vs 横浜FC(群馬陸)(J's GOAL)

今さらなんだが、選手ってのは使ってみないと分からないもんだとしみじみ思わされるのが草津のGK高木とMF島田。
特に高木は、群馬テレビ辺りで「高木のビッグセーブ特集」なんて番組を組めば、結構な尺のものが出来るんじゃないだろうか。
今日も1対1を制する、至近距離砲をファインセーブするなど、何度となく相手の得点機を潰して見せた。

そして島田。
毎回1度はファンタジスタ系プレーを見せてくれるが、今日も左足のアウトサイドで左サイドに開いていたFW高田に正確なミドルレンジのパスを通してしまったり、相手ゴール右サイドの深いところで2〜3人に囲まれながらリフティングでボールキープしてしまうなど、相変わらずのプレーを披露。
特にリフティングでキープして確か高田に返したプレーは、アウェイスタンドも湧かせていた。自分はたまたまアウェイ側に陣取っていたのでこれは間違いない。

彼等のプレーを見ていると、そんな彼等でもJ1クラブ(大宮)でレギュラーを奪取出来ずに草津にやってきた訳だから、J1ってのはレベルが高いんだなあ、という事を逆説的に体感できる。実はどこのJ1クラブでもこのくらいのレベルの選手ならリザーブチームにいくらでもいるって事なら、日本サッカーの未来も明るい、といきなり壮大な妄想を抱く事も出来たりする。

さて試合。
仙台戦では専守防衛に成功した割に、その後は特に守備的な布陣を繰り返す訳でもなく、ここのところ出入りの激しい試合を続ける草津。
DF陣はリベロ鳥居塚率いる3バックというのは変わらないが、中盤から前をちょっといじってきていて、島田と中井のセントラルMFを縦の関係にし、電柱・太田を真ん中に置いて高田と吉本をウイングとして扱う、という布陣。
ウインガーを置く替わりに、佐田&山崎という両ウイングバックはやや低めに位置させて、相手サイドバックの攻め上がりに対応。

対する横浜FCは、前回神戸を破った布陣から城が累積警告で抜け、替わりに北村が入った以外は変わらず。

攻撃面から両チームを比較すると、草津に軍配が上がってしまう。
スコアレスドローなら一緒じゃないか、と言われればそれまでだが。
ただ「組織だった攻撃」を「個人による散発的な攻撃」より上に置くのであれば、個人の単独突破からチャンスを作るだけだった横浜よりも、島田、高田、山崎の右トライアングルが連動して幾度となくチャンスを作っていた草津に高い評価を与えてもいいだろう。

横浜を攻撃面から見ると、城の代役北村はドリブラー。MFとしてサイドも出来るせいか、1回下がってボールを貰って単独突破というプレーが目立った。なので実質的にキング(40KB)の1トップ。
すぐ後ろの2人(アウグスト&北村)がパサーでないのなら、空中戦は得意としないキングを活かした攻撃は難しい。
そんな訳でキング(68KB)は孤立。
ヘディング得意な城がトップに鎮座していれば、単独突破からクロス→空中戦のこぼれ球をキングや内田が拾う、といった攻撃が見られたのかも知れないが。

守備面では双方共に「まあ、こんなもんか」。
ただ、両チームとも中盤中央に人員が少なく、プレスが弱い。
お陰で、両チームとも島田のファンタジーや北村のドリブル突破を堪能出来るという見ていて面白い試合にはなっていた。

草津はボランチ中井が守備面で不調。特に後半21分辺りで、漫然とキープしたボールをペナルティエリア内でキング(56KB)に奪われるという大チョンボを犯していた。守備が苦手な選手じゃないはずだが、今日は身体をぶつけるような強い守備なら、そういうキャラじゃない島田の方が多かったと思う。

対する横浜ボランチ山口は、主に島田をケアする役割を振られていたと思うが、速度面で不調。よーいドンでボールを追いかけるとその差が顕著に出てしまう。まあ、もう40近いからなあ。

逆に草津のウイングバックがサイドバックみたいに振る舞っていたせいもあってサイドの攻防が白熱。
本来サイドプレーヤーのアウグストがサイドで仕掛けるのを諦めて内に切れ込むプレーを繰り返していたことからも、草津の布陣が効果的だったことがわかる。

試合展開は全体的に草津が主導権を握っていた。
ただ前半ロスタイムにセットプレーからゴールを決められ、これはファールだか何だかで取り消されたのにも関わらず、後半になると草津の集中力が切れてしまう。
「ゴールを決められると下を向いてしまう」
とGK高木が苦言を呈していたが、今回もそんな感じ。前述した中井のチョンボもそんな中で生まれた。

しかし、古巣相手に奮闘していた島田高田が流れを取り戻す。
ドリブルで斬り込んで、シュートまでは持ち込めなかったがコーナーキックに持ち込み、
「何で決まらない、それが」
くらいの見せ場を作れたことで、流れは再び草津へ。
ここでFW吉本が引っ込んでDF依田が入り、サイドの山崎がボランチへ、、、と思ったが植木監督によると依田をボランチとして投入していたとのこと。あんまり真ん中にいなかった気もするが。
横浜が北村を引っ込めて岩倉を入れ、島田をケアさせた事の対策と思われる。

が、高田を引っ込めて佐藤を入れてしまった草津の采配はちと頂けない。
気合い入ってたのになあ、高田。

試合終盤はお互いに足が止まり、ロングボールがそのままチャンスに繋がるという状態。ただ、草津FWよりも横浜FWの方がボールの収まりが良かったようで、CKから粘る、という場面は横浜の方が長かった。
草津はそれを弾いてカウンターに持ち込む事が何度か。

ところがアウグストが蹴ったCKが直にサイドネットに当たってゴールキック。
これで横浜選手全員の気が抜けたのか、その後草津が2回ほどチャンスを得たものの、結局決まらずタイムアップ。

しかし依田、32分くらいに見せたCK崩れからの速くて低いクロス、あんなの初めて見たぞ。たまたまか、練習の成果か。

今日の草津のフォーメーション、太田電柱、高田&吉本ウイングってのは面白かった。今日の相手はトップの後ろに決定的な仕事をする選手がおらず、サイド攻撃一辺倒だったので、それに合わせたオプションか。
もっともJ2クラブは4バックでサイド攻撃重視のチームばっかりだから、このフォーメーションがメインになるかもな。ただ、中井の守備が今日の調子だと厳しいが。

横浜は、、、アウグスト持ちすぎ。
高木采配は堂に入ってましたな。

4/24訂正・「古巣相手に奮闘した」のは島田じゃなくて高田。

« マカオで大冒険か。 | トップページ | 甲府vs横浜FM(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9713745

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs横浜FC:

« マカオで大冒険か。 | トップページ | 甲府vs横浜FM(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト