« 芸風は多分天然です。 | トップページ | 特に何も無し »

2006/04/09

草津vs仙台

2006 J2 第8節 結果(J's GOAL)

植木繁晴監督(草津)記者会見コメント(J's GOAL)

ジョエルサンタナ監督(仙台)記者会見コメント(J's GOAL)

草津 vs 仙台:試合終了後の各選手コメント(J's GOAL)

植木監督と前任者の違いを述べよ、といわれれば
「リアリズム」
ということになるんだろう。
今日はその見本のような試合。

仙台の布陣はJ1クラブ並みの補強をしただけあって、攻撃陣で日本人名を持つ選手は熊林しかいないというアーセナル状態(スポナビのGoogleキャッシュ)。
フォーメーションはキックオフ直前まで3ラインの4-4-2だったが、ボールが動き出すと、ブラジル人3人が3トップ状態になる4-3-3。

対する草津は、選手紹介で鳥居塚+ディフェンダー3人が呼ばれたので、はて? 籾谷がボランチでもやるのか?と思ったが、鳥居塚がカバーリング専従リベロを務める古式ゆかしいカテナチオ式4バックを採用。
また、右サイドにも山崎よりも守備的な依田を起用している。
そしてこれが対仙台攻撃陣に対してハマる。

マンマーク守備でよく指摘される欠点は、「3人目の攻撃に耐えられない」点。
要するに目の前の相手を追いかける守備なので、後ろから飛び出してくる相手に対応しきれない点。
これを何とかするのが鳥居塚の役目とも言えるが、カバーリング任務は目の前の競り合いからこぼれてくるボールを追いかけることが主要任務となるので、視野の外から相手が飛んでくれば対応しきれない。

ところが仙台の攻撃はブラジル人3人の力量が著しく高く、またコンビネーションも良いためか、基本的に彼等だけで仕掛けてくる。
確かに力量は高い。相手に隙があれば8-9-11の背番号だけであっという間にシュートまで持ち込んでしまう。
逆に言うと、この3人のうち2人を抑えてしまえば攻撃がほとんど成り立たなくなってしまう訳で、マンマーク守備が大いに力を発揮する相手とも言える。

そんな訳で監督コメントにもあるように、鳥居塚を除くDF陣は「便所までついて行け」的マークを敢行。
尾本がロペス、斎藤がチアゴ、籾谷がボルジェスを担当。このうち善戦していたのが尾本だったが、イエロー2枚を貰って退場になってしまった。

実際にはリャンや熊林が飛び出してくる動きを何度か見せていたので、本当に3人だけって訳でもないが、回数はそれほど多くない。それに「後ろから3人目が飛んでくる攻撃」は何度もやると相手が隙を見せなくなってしまうので、あまりやるものでは元々無い。体力も続かなくなるし。

さて、イタリア式カテナチオのもう1つの欠点は、攻撃に人数がさけなくなる事。
正確に言うと攻撃に気を回す事の出来る人員が減る事。
少なくともマンマーク要員には、相手が自陣まで下がっていった結果として攻撃に絡むこともあり得る、程度の期待しかできない。
実際には、尾本、斎藤が何度かそんな動きを見せていた。籾谷はボルジェスが下がらないので関係なかったが。もっとも「とにかく潰せ!」以上の指示を彼にはしない方がいいとは思う。
ゲームメイカーのボランチ・中井と両サイドも「3人目の動き」に気を使って動いていたので、結局、攻撃専従の選手はチャンスメイカーのトップ下・島田とFWの2人くらい。こうなるとセットプレーでない限り全く攻撃に絡まない選手が3人もいる(千葉、白井、木谷)上、ラインを低く保つ仙台守備陣を崩すのは難しい。

そんな状況だから草津サポが一番沸いたチャンスは前半36分くらいに訪れた1回だけ、となってもやむを得ない。
中井を起点に依田、佐田と大きくサイドチェンジしたボールが佐藤に渡ったが、あっさり空振りしてしまった。
まあ、ハーフタイム中に聞いた雑談
「あれ、高田なら少なくともミートはしてたよなあ」
というサポの証言からも、ここで冷静に流し込んでいれば佐藤ではない、という事だろう。

マンマークでブラジル人3人をあんまり好き放題にはさせなかった草津だが、あくまで「あんまり」。
やっぱり能力の高い彼等に全然仕事をさせない、というのは難しい注文だったということは、シュートの数字が示している。
ただ、十分な体制で相手に打たせた、ということはほとんど無かったので狙いどおりといえば狙いどおりか。
それともちろん高木の好守。
札幌時代にサポーターから絶大な支持を受けたGK・佐藤洋平の人気要因として、
「シュートを打たれまくっているから見せ場だらけ」
という評価もあった事を思い出した。
更に誰もが諦めたシュートがポストに嫌われる、後半ロスタイムに与えたペナルティエリアすぐ外からのフリーキックが壁に当たる、という運にも恵まれ、何とかドローに持ち込んだ。

非常に足下を見据えた試合ではあったが、さて、これが東京V戦でも適用されるのかどうか。
仙台はキーマンが非常にはっきりしたチームだったからこそ、という感じもするので中盤に結構な人員を抱える東京V相手にマンマークで何とかするには、中盤を放棄して太田の頭に向けてひたすら放り込むくらいしかない気もする。

仙台が非常に分かり易いチームだったのは、サンタナ監督の意図するところであるのか、まだチームが熟成されていないためにこうなってしまうのかは分からない。
現時点では「相手は関係ない、自分のサッカーをするんだ」という上位陣相手の方がやりやすいことは確かだろうが、これが意図したサッカーなら相手を潰しに来る事を先決とする下位陣相手に思わぬ取りこぼし、ってことがあるだろうな。今日みたいに。

ところで、リベロ・鳥居塚を見たのは個人的には今日が初めて。
後方からのコーチングぶりを見ても守備の安定に重要な役目を果たしていた。
ただ身体をぶつける競り合いまではさすがに期待出来ないか。
あと、佐田が守備で結構粘るようになりましたな。

« 芸風は多分天然です。 | トップページ | 特に何も無し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9496949

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs仙台:

« 芸風は多分天然です。 | トップページ | 特に何も無し »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト