« 帰るところがあるのは幸せ | トップページ | サンデーラリーストに朗報? »

2006/04/26

そのうちケータイで払える日が来るかも

一般モニターによる二輪車ETCの試行運用範囲を拡大します(東日本高速道路株式会社)

バイクETC、一般モニター1000人を追加募集(Response)

自動二輪車ノンストップ自動料金支払システム試行運用

バイク用ETCの一般モニターが追加募集の運びとなった。
適用範囲はほぼ東京近郊に限られた前回募集時よりもかなり広い。山にも海にもツーリングに行けるくらいの範囲。

個人的には高速の料金所で現金払いする事はまずない。
仲間内で割り勘にする時くらい。

要するにうざったいからで、導入時は侃々諤々言われたETCに関しても
「財布を一々取り出さなくていい」
という観点のみで好意的に見ていた。
だから周囲での装着率が10人に1人いるかいないか、という時期にはもうその1人の中に入っていた。大して高速に乗る訳でもないのに。

ETCカードは料金所でクレジットカードとして使用する事が出来るので、バイクで高速に乗った時にも便利に使っている。むしろバイクでの使用頻度の方が高いと思う。実際バイクに乗ったまま財布を取り出したり、そのためだけにいろいろ収納場所を考えるうざったさはクルマの比ではない。カードだったら何も考えずに胸ポケットにでも放り込んでおけば済むし、万が一胸ポケットから落としてしまっても、クレジットカードよりは金銭的被害が及ぶ範囲が少ない。
とはいうものの、取り出す手間すらない車載器に比べればそれだってうざったいことはうざったい。

そんな訳で待ち望んでいるバイク用ETC車載器。
前回は都心近郊在住者以外には無意味なくらい狭い範囲でしか使用出来なかったので応募は諦めたが、今回くらい使用可能範囲が広がれば十分に使える。
ただ、車載器が思ったより大きいんだな。自分のバイクに載るかどうか。
それにあくまで「追加」なので募集人数は減ったようだし、競争率は凄い事になりそうだな。
つ〜か平日の10時から募集開始じゃあ、応募は無理か、、、。

« 帰るところがあるのは幸せ | トップページ | サンデーラリーストに朗報? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9766589

この記事へのトラックバック一覧です: そのうちケータイで払える日が来るかも:

« 帰るところがあるのは幸せ | トップページ | サンデーラリーストに朗報? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト