« 一応突っ込んどいた方がいいのか? | トップページ | 他人事ながら誉めたくなるクルマ »

2006/04/16

横浜FMvsG大阪(TV観戦)

ゲームサマリー・2006 J1 第8節 横浜FM vs G大阪(日産ス)

G大阪は「高さ」ではやっぱり不利、横浜はリベロ栗原がカバーリングで拙さを見せ、GK榎本が今ひとつアテにならない、というお互いの弱点が良く出た試合。

今回の2ゴールで現在得点王のマグノ・アウベスは文字で誉めるのが難しい。
ゴールへの嗅覚がずば抜けていて、その嗅覚を活かすためのボールコントロールが優れていると書くしかない訳だが、その手の選手は気が付くと一番いい場所にいる、って感じなのでごっつぁんゴールばっかりに見えたりする。

今回の2ゴールもそんな感じ。
最初のゴールは二川から出たボールが遠藤に繋がり「気が付くとそこにいた」マグノに渡ってゴール。どう見ても横浜守備陣のミスにしか見えない。
2ゴール目は、榎本が弾いたフェルナンジーニョのシュートを拾ったもの。全然角度の無いところから狙い澄まして決めるテクニックは流石だが、どう見ても横浜守備陣のミスにしか見えない、ともう一度書きたくなるようなゴール。
なので今ひとつ盛り上がりに欠ける。

対する横浜のゴールは、サイドに開いた久保からドゥトラがボールを受けてクロス。これを大島がヘディングで決めたもの。2度目はコーナーキックからのルーズボールを松田がディフェンダーとは思えない見事なミドルシュートを突き刺したもの。
両方とも「ああ、練習どおりなんだろうなあ」と思わせるところがG大阪のゴールと違うところ。

ただ、怪我人だらけで急造フォーメーションになってしまった今日の横浜では練習どおりの展開になるのを祈るしかないのか、と感じさせられたのもまた事実。
何たって河合のワンボランチで、平野と吉田のダブルトップ下なんだから。
いくら「練習で試した事はある」とか言っても、河合にアンカー(多分、対フェルナンジーニョ要員)以外の役割、具体的に言えば「散らし」だの「前への飛び出し」だのを求めるのは筋違い。そうなると幾分輝きが色褪せているとはいえ未だに強力な事には違いないドゥトラ&田中隼の両サイドは誰が活かすのか? 
思惑としては吉田が下がり気味の位置でゲームメイク、つまり両サイドへ配球、飛び出しは平野で、ってな具合に行きたかったらしいが、お互いを活かすほどの距離感が掴めなかったらしい前半はG大阪の豪華MF陣に手もなくひねられ、吉田はゲームメイクのためでなく、守備のために下がる羽目になっていた。

しかし横浜っていつも怪我人ばっかり出ている気がするな。フィジカルコーチに問題があるのか、岡田監督の練習が厳しすぎるのか。

対するG大阪は前半開始直後に横浜FW大島のチェイスでちょっとだけ守備陣が乱れたが、その後は主導権を握って離す気配なし。
速いパス回しでさっさとゴールに迫り、しかし横浜最後の砦、松田&中澤に弾き返されることの繰り返し。
フェルナンジーニョはこの2人を翻弄していたが、パートナーのマグノは真正面から勝負を挑むタイプではないので、「がんばれよ、こぼれ球拾うから」って見ている感じ。その点では同じドリブラーのアラウージョがいた去年の方が「ゴールを決める」って事ではやり易かったかも知れないな。そうは言ってもマグノは本当にゴールを決めるから文句を言われる筋合いでは無いだろうが。

後半になると、横浜は左に開いてみたりゴール前でボールを待ってみたりと、今ひとつ動きのはっきりしなかった平野が「飛び出し」に専念するようになると同時に、中盤で組み立てるという行為を完全に放棄、「中盤はボールを奪うところ」と位置付けて、サイドからのクロスとロングボール、ルーズボールを拾ってカウンターと、ボールを縦に動かす事だけに専念。横に動かすのは大きなサイドチェンジくらい。
ただ、これで横浜攻撃陣が真ん中から個人技で仕掛けてくる恐れが無くなったため、G大阪はラインを上げて対抗。
狭いフィールドの中でお互いをつぶし合う展開が続き、被害を被ったのがフェルナンジーニョ。球離れが悪くなったのを見抜かれたのか前田と変えられてしまう。
そしてこの交替が大当たり。登場した前田は1アシスト1ゴールという大活躍で勝利に貢献。

横浜はフェルナンジーニョがいなくなった事で、マーカーの必要性を失った事から栗原を引っ込めて那須を投入し、中澤&松田の2バックに見える4バックで攻撃に出たが、ここを前田に付かれた、、、って言うよりも、あれはGKとDFの連携ミスだよなあ。

そんな訳で打ち合いはG大阪が勝利。

ここのところBSでは好試合の中継が続いたが、今回は後半ちょっと盛り上がったかな程度。
先に書いたが、マグノはゴールに至る過程を省略して、単に流し込むだけという効率追求型プレーヤーなので、「お〜、いったいった、決めた〜!」的興奮とは無縁だし。

久保はやっぱりまともに前を向かせて貰えないと同時に、あまり負担のかかるプレーをさせちゃダメ、ということはよく判ったが、本人も役割に多少の迷いは見られる。
今日の「私はゴールを決めるためだけに存在する」と割り切っているマグノのプレーは参考になるんじゃないだろうか。
となると、代表のパートナーは巻くらいしかいなくなる気もするが。

« 一応突っ込んどいた方がいいのか? | トップページ | 他人事ながら誉めたくなるクルマ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9611128

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FMvsG大阪(TV観戦):

« 一応突っ込んどいた方がいいのか? | トップページ | 他人事ながら誉めたくなるクルマ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト