« G大阪vs浦和(TV観戦) | トップページ | 質の悪い不確定要素登場 »

2006/03/05

広島vs鹿島(TV観戦)

凄いジャケットを着ていた解説の木村和司が
「寄せが甘い!」
と叱っていたように広島の守備は、小笠原や本山、深井といった攻撃的な選手が突っかかっていく鹿島の守備と比べると、インターセプト狙いって感じでアタックが少ない。そのせいか、相手がボールを持つとずるずると下がっていってしまう。
ファイター戸田を獲得した訳が分かるが1人だけじゃなあ。
前半途中で幾分改善されたが、最後まで鹿島の速いボール回しを止められなかった。

もっとも広島はテクニシャンが揃っているせいか、相手のミスとかで奪ったボールは中長距離のパスで何とかチャンスを作ってしまう。
ウェズレイが相手の虚を突いたリスタートで得点してしまった1点目は
「鹿島も若手が増えたなあ」
という感じだったが、小村の縦バス1本で決まった佐藤寿の得点が象徴的。
逆に言うと駒野、服部(呼んでくれジーコ)が突破してくると鹿島守備陣も
「ヤバいぞ〜」
ってな感じでゴール前を固めてくるので、こういう得点の仕方しかなかったかも。
こんな佐藤の動きは周りを活かし活かされながらハットトリックを決めた柳沢とは対照的でなかなか面白かった。

復帰した柳沢はやはり本山、小笠原といった盟友達とはよほど手が合うのか絶好調。代表戦が丁度いいウォーミングアップになったんだろうが、鹿島じゃなければ出来ない得点だったと思う。

他の新戦力といえば内田篤は良かったなあ。名良橋も安心して引退出来るよ。相手(ベットはすぐ内に切れ込む)のプレッシャーが弱かった、ってのは勿論あるが、服部、駒野に負けない正確なサイドチェンジに突破力。鹿島の新人がいきなりフィットしたってのは久々じゃないだろうか。
ウェズレイは微妙。
2点目は相変わらずの強さを見せつけてくれたが、フリーキックは直接を狙ってしまうなど、「俺が決める」って思いがちょっと強すぎるのかも。それがリアルストライカーの心意気ってのは分かるが、それならフリーキックを蹴らなくてもいいじゃないか。強さを守備に使ってくれない選手でもあるし。
ウェズレイがいなければ鹿島に大差を付けられていたのは確かだが、扱いを間違えるとワシントンがあれだけ点を獲りながら降格した去年の東京Vみたいなことになるかも。
戸田は、中盤でパートナーを組んだ森崎和にしてみると
「もうちょっと落ち着いて底にいてくれ」
って感じだったんじゃないかなあ。

ベストな布陣じゃなかったはずの鹿島ではあるものの、別に増田でもフェルナンドでもどっちでもイケていた。「強いけど層が薄い」と言われた鹿島も変わりつつあるということか。後継者がことごとく生え抜きってところが他の強豪と違う点かな。

« G大阪vs浦和(TV観戦) | トップページ | 質の悪い不確定要素登場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8955581

この記事へのトラックバック一覧です: 広島vs鹿島(TV観戦):

» Not our days  サンフレ開幕戦 [自記公開書]
まずはじめに・・・ 全国のアンチヤナギの皆さんごめんなさい! 結果も内容も厳しい [続きを読む]

« G大阪vs浦和(TV観戦) | トップページ | 質の悪い不確定要素登場 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト